もしかしたらあのワインのブームが来るかもしれない

今回の「ワイングラスのむこう側」は、林伸次さんの本職・ワインについてです。最近の「オレンジワイン」の流行から、これから流行りそうなお酒を考えます。

オレンジワインがなぜ流行ったのか?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

オレンジワインってご存知ですか。最近流行していて、都内のワインを取り揃えているレストランだと取り扱いが多いです。もちろん、オレンジワインと言っても「オレンジから作ったワイン」ではありません。白ブドウから作ったワインです。

ブドウって「白ブドウ」と「黒ブドウ」があるんですね。白ブドウは、「マスカット」を想像してみてください。外の皮が黄緑色で、中の身は透明です。ワイン用の白ブドウだと、シャルドネやリースリングが有名です。

黒ブドウは、「巨峰」を想像してみてください。外の皮が濃い、黒に近い色で、中の身は透明です。ワイン用の黒ブドウだと、カベルネソーヴィニヨンやピノノワール、シラーあたりが知られています。

ちなみにシラーは、オーストラリアに行くとシラーズと呼ばれます。フランスやニュージーランドではシラーです。「シラーズが好き」と言う人は、オーストラリアのワインをよく飲んでいる人ってことになりますね。

話を戻します。白ブドウを絞るとジュースになりますよね。極々簡単に言うと、それを醸造したのが、「白ワイン」です。また、黒ブドウを絞って、その皮や種もジュースと一緒に漬け込んで醸造したのが、「赤ワイン」です。黒ブドウと言っても絞った液体は透明なので、皮と一緒に漬け込んで色や渋みを付けて、渋くてどっしりとした「赤ワイン」に仕上げているというわけです。いろんな工程をはしょりましたが、シンプルに言うとそういうことです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載の書籍化、第二弾です!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

verde88988252 好みによりますが確かにオレンジワインよりもロゼワインの方が万能な気がします。なんとなく飲む機会がないだけで。 ロゼワインの開拓してみようかな🎵冷やしたロゼ💕これから季節的にも良さそう✴️ https://t.co/4yA62iaWkC 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

akk0o0 次はロゼワイン買う!といつ気持ちになりますた🥳エビチリとロゼ…うまそげ  約1ヶ月前 replyretweetfavorite

hana_kozakura 初めて聞いたオレンジワイン。試してみたくなりました。 シードル好きなのでこれキッカケで流行ってくれると嬉しい。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

7SOdMKBZHFrK1se ロゼ、アクアパッツァ日高シェフの動画でもお勧めされてて本当に万能だった。美味しいし 約1ヶ月前 replyretweetfavorite