ゆりやんレトリィバァにヒヤヒヤする

今回取り上げるのは芸人のゆりやんレトリィバァです。他の芸人にはない彼女の特殊性について、武田砂鉄さんが考えます。


偉い人の承諾を得る・得ない

クイズ番組やバラエティ番組を適当に見ていると、「話がおもしろくなかったことに対して、おもしろくないと指摘し、その指摘によって、おもしろくなっていく光景」をよく見かける。指摘しているのは、その場を取り仕切っている人で、おおよそが、お笑いの世界で上のほうにのぼりつめた人である。その場では、誰よりもその人におもしろがってもらおう、とする目標が共有されており、見事に目標をクリアしたり、大失敗したりしている。テレビを見ていて、その取り組みに没入する日もあるのだが、基本的には、「あっ、またやってるな」くらいである。

偉い人の承諾を得る、というのは、日常生活ではとても面倒な部類に入る作業で、自分の意向をそのまま伝えてもダメっぽい場合は、偉い人の考えを先読みしたり深読みしたりしながら、それに見合う形に変更しなければならなくなる。承諾を得た途端、こっそり元の形に戻してみたりするわけだが、その行為がバレて呼び出されたり、強引に形を変えさせられたりする。どんな場であろうと、働いていると、もれなくそんな場面がやってくる。そういう考え方で番組を見るべきではないのだが、うっかり、そういう眼差しを向けてしまうと、「あ、これ、社会の縮図じゃん」と思えてしまい、おもしろい、ではなく、おつかれさまです、って感じになることがある。ある箱の中で暴れている時、暴れ方ではなく、箱の作りばかり気にしてしまう。こうなると、とりわけ老舗のバラエティ番組は楽しめなくなってしまう。

「自分も相手もヒヤヒヤさせるのが好き」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「このまま忘れてもらおう」作戦に惑わされない。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "NHKで再放送されていた、 #drip_app 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kareigohan42 よい https://t.co/5d9CGpuwLT 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

michi_and_mint ゆりやんの良さが存分に表されている。素晴らしい 約1ヶ月前 replyretweetfavorite