一家の主(あるじ)のファスティングに巻き込まれる家族と後輩達の話

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の生瀬陽子さん(モデル名は堀本陽子さん)。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中! 飽食のこの時代、健康のために実践する人も増えている「断食」。本人の強い意思はもちろんですが、家族の協力なくしては成功できないものかもしれないですね。

最近流行りのファスティング(プチ断食)ですが、我が家にもその波はきております。

きっかけは夫がMCを務めさせていただいているバラエティ番組の中で、チャン・カワイさんがファスティングに挑戦するという企画がありまして・・・夫はその収録の次の日からプチ断食を始めました。

方法は、「1日のうち、16時間食事を取らない時間を作って胃や腸、肝臓などの内臓を休ませてあげることで健康で太りにくい身体をつくる」というものです。

ちなみに「残りの8時間は何を食べても良いというルール」だったので、チャンさんはカツ丼2杯やらポテトチップスやらアイスクリームやらを散々食べておられましたが、3日間の検証結果は「太っていない」でした。

解説をされていた『「空腹」こそ最強のクスリ』という本を出版されている医学博士青木厚さんは、
「あー、そうですか・・・痩せなかったですか・・・まぁ8時間の摂取カロリーがそこまでいくとやっぱりむりかもしれませんね・・・あくまで普通量の食事をされた場合は、という前提ですので。」
と苦笑い(?!)をしながらコメントされていましたが、視聴者(私)はそのオンエアを観たら、
「あんなに食べて、太っていないことがすごい!これなら私も出来そう!」と思いました。

夫はひと足早くそんな気持ちになったのでしょう。

1日2食生活が始まりました。

睡眠時間をその16時間に充てると楽なので、12時から20時の8時間内に好きなものを食べる・・・ということにしたようです。

オンエアを観るまでは、「ほんまに〜?!」と疑っていた私も、チャンさんの美味しそうに色んなジャンキーなものを食べているのに体重が増えなかった様子を観てしまうと「おお〜!」と思い、それでも疑り深いため、まずはAmazonで青木先生の本を購入し、熟読してから始めました。

まぁ、言い換えると「朝ごはんを食べないだけ」なのでそんなに辛くはありませんでした。

本によると「空腹を感じたらナッツ類はいくら食べても良い」ということでしたので、素煎りナッツを用意し、「お腹がすいた」というよりはなんか「口寂しい」から、朝はそれを食べたりしていましたが、日が経つに連れ、顔や首に小さいプツプツが出来て来てしまいました。

そういうのに詳しそうな友人(いますよね)に言うと

ナッツアレルギーかもねー。アーモンドとかはアレルギーの人多いよ。」

と言われ、「ガーン!」と昭和的なショックの受け方をして、やめました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

生瀬陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の生瀬陽子さん(モデル名は堀本陽子さん)。最近では、ヨガウェアをプロデュースしてTVで販売するなど、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな飾らず自然体の陽子さんの日常や、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yehuda_feldmann これ今やってるけど、確かに痩せる。 一日2食、そして夕食から朝食まで16時間あける。 https://t.co/aKzA8R30zd 4ヶ月前 replyretweetfavorite

yoshi_mmnk 生瀬さんクソめんどくさいw 4ヶ月前 replyretweetfavorite

yokonama280 今週のエッセイです↓ #夫のファスティング #気軽に読めるエッセイ 4ヶ月前 replyretweetfavorite