電話には出ません!」と言えるか?

あえてレールから外れよ。3歳児の気持ちで、のめり込め。常識とか世間体なんか、「ぜんぶ無視だ」。堀江流「生き方改革」として、「自分の人生を取り戻す」ための、行動スキルを指南します。今回から、「習慣にすること」について。「没頭すればバランスは必要ない」。その第7弾です。「周囲の反応は、あなたの問題ではない」。3月11日発売の新著『非常識に生きる』より特別公開します。

常識ぶった大人に、変えられてはいけない

前にも述べたように、僕は大学時代に有限会社を起業した。すぐに仕事は増え、事業は急成長していった。会社設立から、わずか1年4ヶ月で株式会社に改組。社員は10人、20人と増え、インターネットバブルの波にも乗り、業績は右肩上がりだった。

サイバーエージェントの藤田晋さんらと並び、僕はビットバレーの中心人物と称された。会社の規模は加速度的に大きくなり、堀江貴文の名前は、実業界で知れ渡り始めた。知り合ったり交流する人のレベルも飛躍的に上がった。

一方で、創業時代からのメンバーたちとは、軋轢を生んだ。僕に対して「堀江は変わった」と言い捨て、何人も去っていった。

20代で、たしかに僕は急スピードで変わったのだろう。だが、それは内面ではなく、環境の方だ。手がける仕事は億単位のプロジェクトへと成長し、優秀なエンジニアも雇えるようになった。人生の環境が変わる速度に合わせて、仲間意識とか家族的な馴れ合いに留まりたいという、周囲の人たちを切り捨ててきた。冷たいと言われたこともあるけれど、お互いのためだ。スピード感のない人と一緒にいる「お情け」や「しがらみ」は、僕にはない。逆に、ついて来られない人たちへの失礼になるだろう。

去る者は追わず、来る者は拒まず。変わっていく景色に戸惑わず、楽しめるだけ楽しみ尽くす。それが起業家時代からの、僕の基本だ。

変化する環境を楽しむ好奇心は、子どものときから変わっていなかった。
人が変えられるのは、内面ではなく、行動による景色だと思っている。中身は変わらなくとも、「変わった」ように思われる変化は、自分の意思でデザインできる。

ネガティブな意味で「君は変わったね」と言う人は、環境の変化を恐れ、立ち止まっている人だ。変わっていく側の人とは、そもそも視野の幅が違う。
変わりたくないのは、人の生き方だから否定しない。でも僕の場合は、一緒にいてもらっても無意味なので、切り捨てる。連絡を取らないし、悪口を言われても無視だ。

環境の変化について来られない人の言葉に、人生を変えられてはいけない
急スピードで変わっていく環境を、変わらない自分のまま、走り抜こう! それでいいのだと、若い人たちには伝えたい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「みんな一緒」の正義を疑え! レールから外れる41の行動スキルを伝授!

非常識に生きる

堀江 貴文
小学館集英社プロダクション
2021-03-11

この連載について

初回を読む
非常識に生きる

堀江貴文

あまたの事業を成功させてきた男、堀江貴文。実現できたのは、莫大な資金や、特殊な才能があったからではない。 ただ、好きなことに「没頭」してきたからだ! あえてレールから外れよ。 3歳児の気持ちで、のめり込め。 常識とか世間体なんか、ぜん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

M_Kadzumi26 🤔 #スマートニュース 26日前 replyretweetfavorite

KazumiMatsuzaka #スマートニュース 28日前 replyretweetfavorite

ShoProBooks #堀江貴文さん 近刊『#非常識に生きる』、 cakesにて、好評連載中です! 自分の人生を取り戻すための、堀江流「生き方改革」。 ぜひ、ご覧ください! @takapon_jp https://t.co/A8HyuNFrsZ 30日前 replyretweetfavorite

asagooods 実質出ないから言ってるようなもんだけ。 その程度で非常識な認識にされても困るね。 やり取りの相手にいくらか制約かけるだけなんだからさ。 #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite