世の中に「眼」を配って歩きたい

クラウドにつながった録画カメラ映像サービス市場で国内ナンバーワンの座に就いているのがセーフィー株式会社。創業者にしてCEOの佐渡島隆平さんは、これからの社会に不可欠な技術・サービスをいかにして築き、広めていこうとしているのでしょうか。佐渡島さんの挑戦を、前・後編に分けてお送りします。前編はこちらからどうぞ。

映像データを集めて活用するためのインフラ、その重要性はこの先ますます高まる。

世界のビジネスシーンを席巻し続けているGAFA、すなわちグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルは、顧客の検索情報や人の所在地情報など膨大なデータを握っていることが力の源泉だ。しかし彼ら「巨人」とて、映像データに関しては集め切れていないのが現状である。映像データを圧倒的に蓄積し、有用なデータとして活用しているビジネス・プレーヤーはまだ存在しない。

世界中と言わずとも、まずは日本で生じる映像だけでもセーフィーにどんどん集まるということになれば、データ駆動型社会で巨大な存在感が発揮されることになる。

21世紀は「映像データの時代」か

ただ同時に、存在が大きくなると、怖がられるリスクも生じるのでは。カメラが至るところにあるなんて、「監視社会」「超管理社会」をつくろうとしているんじゃないか……などと。

「そうですね、マイナスの予測をする人がいるのも当然のところです。そんなことはないですよ、明るい未来が拓けますよというのは、繰り返し地道に唱えていくしかありません。

いくら抽象的な概念を示しても不安は払拭できないでしょうから、やはりプロダクトベースで見せていくしかありません。たとえば今世紀になってから起きた『通信革命』だって、iPhoneのような具体的で使い勝手の抜群な携帯端末プロダクトが行き渡ったから、私たちにはその意義が理解できているわけで。

私たちも近いうちに、『見る』という知覚とデータベースが一体化して、それを置いておくだけで課題が自発的に発見され、解決までしてくれるツールを生み出していきたい。

それはもう、カメラという概念では捉えられない何かになっているでしょうけど、そうしたプロダクトやサービスを通して私たちは、人々の意思決定をよりよくすることや、よりよく判断ができるソリューションを目指しています。
私たちの事業が人の未来をつくる、心からそう信じています」

「よく見る」ことが、世の中を少しずつよくする

佐渡島隆平さんの構想は壮大だ。その言葉を信じるなら、クラウドカメラと映像データが21世紀の行方を占うカギを握っている。
大きな構想を掲げる起業家は、いつごろからその夢を抱き温めているものだろう。佐渡島さんの場合はいかに?

「小さいころから社会の矛盾に気づいていて……などと言えればいいけれど、実際はそうでもありません。
ただ、町を歩いて風景を眺めるのが好きな子どもではありました。
生まれ育ったのは兵庫県の平凡な住宅街。目的もなくひとり、あちらこちら歩き回るのが、自分にとって最高の遊び方でしたね。小学校低学年のころには、近所で知らない道はなくなってしまった。

何を思って、そんなにうろついていたのか。いつ見てもほとんど変わらない町並みの中から、ちょっとした変化を見つけ出すのが楽しかったんです。

天候によって町の眺めはずいぶん印象が異なるし、季節によって草木の茂り方だって変わる。ときには角地にあった建物が消えて、更地になるような大変化に驚かされたりも」

自分の町を定点観測して過ごしていたわけだ。

「兵庫といえば、1995年に阪神淡路大震災に見舞われます。私は当時、高校生。大好きな町も被災します。
事態が少し落ち着くと、町歩きを再開しました。カメラを手に、徐々に復興していくわが町を写真に収めていきました。震災から間もないときは着の身着のままだった人たちが、少しずつカラフルな服装に変わっていく変化がよくわかりましたね。

町歩きの延長線上だったのか、大学時代はバックパッカーに。砂漠が気に入って、サハラ砂漠にもタクラマカン砂漠にも行きました。見渡すかぎり何もなく、夜など本当に真っ暗で、孤独だけどその感覚が楽しかった。
周りを観察して歩きながら、小さい変化に目を向ける習慣は、いまも変わりません。東京の街を歩き、再開発地域がすこしずつ形を成していったり、満員電車に乗る人々の表情や服装の変化に目を向けるのがおもしろい」

ふむ、聞いていると、佐渡島さんが好んでしてきたことは、みずからが「眼」となって外界をじっと見つめる行為と思えてくる。

「そうですね、その感覚はずっと前からありました。ものごとはたいてい、気づかぬほどわずかずつ、でも確実に移ろっていく。その変化をもたらしているのは、結局のところ人の気持ちですよね。一人ひとりの思っていること考えていることはもちろんバラバラですが、昨日と今日ではだれの気持ちも確実に変化して、その変化の大まかな流れや方向性というものはそこから生じてくる。定点観測を繰り返していると、うっすらそんなことに気づく。

何気ない、ささやかな変化を捉える。その気づきや流れをうまく活用して、日々の小さい選択をしていけば、世の中はすこしずついい方向へ進むはずじゃないのか。ものをよく見ること、広く眺め渡すことが、その第一歩になるはずだという気づきを得ました。

そうした小さい日々の変化を、だれもがいつでも手軽に実感できるようになればいい。変化を観察できる『眼』のような存在を、世の中に配ってまわることができたら。いつからか芽生えたそんな気持ちが、のちに創業するセーフィーという会社の原型をかたちづくることとなっていますね」

「眼を配る」仕事に邁進したい

「大学卒業後に就職したのは、ソニーネットワークコミュニケーションズという会社でした。顔認識の機械学習アルゴニズムを研究していました。画像から顔を認識して、それを判別・分析・データ化できる技術です。

一次情報を取得するセンサー機能としては、世界有数のものを開発している自負がありました。ただ、その技術をもっと有効に活用できる道があるのではないかとの思いは、ずっと付きまとっていました。有用なデータを生かすプラットフォームも同時に準備すべきだ。そうしなければ、多くの人に役立つものとはならないという、焦りのような気持ちです」

自分の手がける仕事をさらに発展させたいと考えていた佐渡島さんに、ふとしたきっかけが訪れたのは、我が家に家庭用カメラの設置を思い立ったとき。
防犯や子どもの安全のためにと、業者に見積もりを依頼すると、解像度がさほど高くないアナログカメラを2台設置するだけで数十万円かかるとのこと。

「サービスの質に価格が見合っていないと感じて、設置は取り止めにしました。
生活空間に『身近な眼』を設けたいとのニーズはたくさんあるはずなのに、それを手頃に提供するサービスが整っていない……。優れた『眼』の開発に携わる者としては、その『眼』を届けることまで考えねば。そう痛感して、自分の中で事業立ち上げが具体的に動き出しました」

そうして2014年、佐渡島さんは『眼』をつくり配るセーフィーを立ち上げ、サービス提供を開始。

最初は、いつでもどこでもスマホで確認できる防犯・監視カメラのクラウド録画サービスを手がけた。そこから、サービスを導入した事業者とともにクラウドカメラ・映像サービスの有効な使い方を模索し、事業領域を拡張してきた。コロナ禍において医療機関の一助となったことは、これまでの成果のひとつだ。

「セーフィーのサービスにかぎらず、これからますますカメラ・映像の力は世の中に浸透し、暮らしをよりよくする原動力になっていくはず。 これまで気づけなかったような小さい変化が、カメラ・映像の力で可視化されて、その気づきが私たち一人ひとりのクオリティ・オブ・ライフを上げていくことにつながれば。そのために私たちはこれからも、世の中に眼を配ることを進めていきたいんです」


この連載について

初回を読む
本気で未来をつくるひと

山内宏泰

よりよい社会を実現するために、人や情報やモノやお金を動かしていく起業家や経営者たち。彼ら彼女たちはどんな世の中を、どうやってつくろうとしているのか。若き起業家や経営者たちの「顔が見える」インタビューシリーズです。(旧連載名:「営むひと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません