そら豆を皮ごと食べる新しい味「クリスピーそら豆」

以前、この連載でそら豆を皮ごと食べるレシピを紹介した馬田草織さん。今回はもっと積極的に、皮の食感と味を楽しめるレシピです。ぜひお試しください!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

そら豆の薄皮問題、というのが私の中にずっとありまして。ある春の日、ポルトガルの友人の家で「そら豆とベーコンのワイン蒸し」を習ったときのこと。友人が、長いさやから取り出した大量のそら豆を、薄皮を向かずにそのまま鍋に入れて香味野菜と炒めはじめたのです。えー、薄皮むかないの? 食べられるの? 硬くないの? で、できあがった料理を食べたら、衝撃。こりゃいける。しかも、やや張りのある薄皮と、ほくほく豆のコントラストがまた面白い。なんだ、今まで食べられないって思い込んでて損したなあ。で、日本に戻って日本のそら豆で同じように料理してみたら、新鮮なそら豆なら、やっぱり薄皮もおいしく食べられる。さらに「そら豆とベーコンのワイン蒸しご飯」などご飯ものにもアレンジしたりして、以来そら豆は薄皮ごと料理していました。

ただ、気になることも。というのも、ポルトガルのそら豆は日本のものよりさやがほそ長く、豆自体はやや小さめで薄皮も柔らかい。対して日本のそら豆は、豆がより大きく立派に育つ品種が主流だから、薄皮の存在感も強め。種類によってはちょっと皮が硬いかなと感じることも。日本のそら豆の薄皮だからこそおいしく食べられる方法はないかなと、そら豆の季節が来るたびに考えていました。

そしてこの春。それならいっそ、薄皮ごと揚げ焼きしたらどうかとふと思い立ち、試してみました。小さなことですが、豆を皮ごと半分に切ると薄皮の水分も抜けやすく、火の入りも早くなる。かりっと焼けたクリスピーな薄皮は、主役の豆以上に酒を呼ぶ、スナッキー、つまりスナックっぽい仕上がりです。さらにスナック感を出したくて、チーズも加えました。

ちなみに、そら豆を扱う上でいちばん大事なのが豆の鮮度。収穫後時間が経つほど味が落ちるので、買ったらすぐ食べたい。さやから出した豆が空気に触れるとさらに味が加速度的に落ちるので、さやから出すのは料理する直前に。あの厚くてふわふわのベッドのようなさやが、豆の鮮度を守ってくれているのです。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー
「クリスピーそら豆」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

flapoi_rusty @canterbury0704 https://t.co/PQ9hyvSmJM 22日前 replyretweetfavorite

yucca88 馬田さんのクリスピーそら豆、天才!!おいしい!! https://t.co/49QZv1DPLx https://t.co/SaEnEYOvV0 30日前 replyretweetfavorite

slither_link @Epiphyllum_o ピザ用のチーズかけて弱火でパリパリにしてました https://t.co/gG2Ahe26dp 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

almost_everyday それと、初めて試してみたこのレシピもまたおいしいです。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite