​ヨーロッパのチーズ文化がなぜ日本に浸透しないのか?

世界の料理をなんでも取り入れる日本の食文化。しかし、なぜかヨーロッパの多様なチーズ文化だけはあまり浸透しません。それはなぜなのでしょうか?

日本で流行らないベジタリアンレストラン

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕、一時期菜食を試みたことがありました。といってもなにか特別な考えがあるわけではなく、漠然と健康にいいのかなと思いまして。だから、動物性の食材を絶対避ける、というほどのことではなく、卵と乳製品はOKにしたり、ほとんどの魚介はOKにしたり、という程度のことです。

それをSNSで書いたりすると、どういうわけか「赤身の肉は身体に良いですよ」とか「偏った栄養バランスは身体に良くないですよ」とか「元々、人間の体というものは……」って感じで、僕の試みを否定するコメントがガンガン飛んでくるんです。

これが不思議なんです。もちろん、日本で菜食自体に対して批判的な考え方があるのはわかります。でも、毎日激辛料理ばかりを食べているのを投稿しても「辛い料理は身体に良くないですよ」ってコメントはつかないし、毎日ハイカロリーなスイーツばかり食べているのを投稿しても、「糖分のとりすぎにはご注意ください」ってコメントも来ません。

実は体に良くないぞ、と言いたい人が多いってことだと思いますが、そもそも菜食って批判の的になりがちです。「ベジタリアンやめました」って記事が「やっぱり!」って揶揄を込めた感じのコメントと一緒に拡散されるのもよく見ます。過度な菜食主義には僕も賛成できませんが、行き過ぎた批判を見るとなんだかなあという気持ちにもなります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載の書籍化、第二弾です!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

semiconbuyer 日本の文化とヨーロッパ全部を一つの文化として比べることは無意味では! ヨーロッパのチーズ文化がなぜ日本に浸透しないのか? #SmartNews https://t.co/MK70FmmK8G 16日前 replyretweetfavorite

rt19010101 単にご飯のお供にならないから、だと思う。 ​ ヨーロッパのチーズ文化がなぜ日本に浸透しないのか?|林伸次 @bar_bossa | 16日前 replyretweetfavorite

ok95kzt 日本でチーズが浸透しない理由、というよりは、欧州の人にとってチーズがどのような位置付けか、という主題のような気がする。 https://t.co/z7W4LzGV0Y 16日前 replyretweetfavorite

JunTajima ヨーロッパのチーズ文化がなぜ日本に浸透しないのか? #SmartNews いやまず値段が高すぎてね。毎日あんなの食えない。 https://t.co/FWoRd2rqpg 16日前 replyretweetfavorite