​卒業アルバムは変わらない「私」を手繰り寄せるための糸

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装が趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた……。今回は、近所のママ友が実は小学校の同窓生だったことがわかり、卒業アルバムを久しぶりに見た仙田さんが、子どもの頃の自分といまの自分との連続性について考えます。

小学生のとき隣のクラスやったやんか


小学6年生の頃の仙田さん

子育てをしていると、子どもの頃の自分に再会することがある。

たとえば子どもたちと散歩をしていて、
—この川でパパは子どもの頃にザリガニ釣りをしたんやで。
—橋の下を秘密基地にしててな。この石の堤防を滑り台にして遊んでたらズボンに穴が開いてん。
—この公園の滑り台の下によく捨て猫がいたわ。何回も飼いたくて家に連れて帰ったんやけど、あかんって言われて戻しにきたんよ。

などと話していると、当時の記憶が鮮明に蘇り、子どもの頃に戻ってそこに立っているかのような錯覚に襲われる。
そして私も子どものひとりになって、私の子どもたちと一緒に歩いているような気がするのだ。
子育てをしているとさまざまなときに、そのような感覚に陥ることがある。

つい先日も、私は新たな形で子どもの頃の自分に再会した。
その日はとても晴れていて、私は子どもたちと一緒に自転車で30分ほどかけて少し遠くの公園に出かけた。
大きな池があり、遊具が少しある他には広い原っぱや林や川が大部分を占めている公園で、私は子どもの頃によく遊びに来ていた。
子どもたちも、保育園の遠足で何度も訪れている。

遊具で遊ぶ子どもたちとお喋りをしたり、写真を撮ったりしていると、聞き覚えのある声が聞こえた。
プラスチックの刀を振り回しながら現れたのは、近所に住む男の子だった。
保育園年中組の子で、普段から小学生のお兄ちゃんと一緒に公園で走り回ったり、ストライダーを乗り回したりしていて、私の家にもよく遊びに来る。

子どもたちは3人で遊びだしたので、男の子を連れてきたお母さんと私は立ち話をすることにした。
4月から始まった小学校のこと、子どもの成長に関して不安に思うこと、最近子どもを連れて行ったら喜んだ遊び場のことなど、とりとめのない話をするうちに、お母さんはこんなことを言いだした。

—学くん、小学校のとき隣のクラスやったやんか、だから……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
女装パパが「ママ」をしながら、家族と愛と性について考えてみた。

仙田学

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた。仕事と家事・育児に追われる日々、保育園や学校・ママ友との付き合い、尽きることのな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sendamanabu cakesの連載。今回は、ママ友が実は小学校の同窓生だったことがわかり、卒アルでその頃の彼女を探した話です。 https://t.co/G1nLsuKqx4 6ヶ月前 replyretweetfavorite

MaxHeart24 → 卒業アルバムは変わらない「私」を手繰り寄せるための糸 |仙田学 @sendamanabu | 6ヶ月前 replyretweetfavorite