勝手ながら著者名を本名に戻させていただきます(来週から)

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!
結婚によって名字が変わった人は、旧姓と本名を切り替えるタイミングが難しかったりするものです。特に誰もがご存知の俳優の奥様ということが分かる苗字であると、なおさらそうなのかもしれないですね。

この連載を開始した約2年前は、私はモデル事務所に所属し、仕事はモデル業が本業で、ヨガセラピストとしての活動(レッスンなど)は副業でした。

学生時代にモデルの仕事を始めた時は、何も考えず本名を名乗っていました。(特に誰からも芸名を付けることを進められなかったし・・・今思えば「陽子」なんて私の時代にはクラスにもう一人いることも珍しくないくらいありふれていたので、誰か何かアドバイスしてくれもよかったのでは?!と思いますが)

そう、「堀本陽子」です。

ヘルシーな食事を紹介するモデルの私

苗字はそんなによくある方ではないかもだけど、「芸名みたい!」というような華やかさがあるとはお世辞にも言えない印象です。

18歳でモデルをはじめ、24歳で結婚し、ここでも二人姉妹の妹で姉ももう嫁いでいたため、私が入籍により苗字が変わると「堀本」を継ぐ人がいなくなってしまうという状況でしたが、誰も何も言わず本人もなんの躊躇もなく「生瀬陽子」となりました。

・・・あ、思い出した!躊躇は少しだけありました。今だから言うけど・・・「生」って・・・名前に「生」が付いて「なま」って読むなんて・・・ということです。(当時は「生」と言えば「生ビール」のイメージしかわかなかった)

昔、夫が旧芸名の「槍魔栗三助」(やりまくりさんすけ)だった頃、演劇好きの友人が

「この人の本名、イクセカツヒサっていうらしいよ。かっこいいよね。」

と、ノートに「生瀬勝久」と書きながら教えてくれました。その頃は、まさかその後自分がその名字になるとは思いもよらずに

「ふーん、芸名と全然印象違うね〜。」

などとのん気に言っていたものでした。

そう、「いくせ」と「なませ」ではこれまた印象が全然違いますよね。

その後彼はNHKの朝ドラ「純ちゃんの応援歌」に出演が決まった際に「この芸名では出せない」と言われ、本名に改名(?!)した訳ですが・・・漢字だけ読んだ人の中にはかつての私の友人のような読み方をした人もいたかも知れません。

そんなこんなもあり(若干抵抗がある、読み方が分かりにくい)私は仕事は旧姓「堀本陽子」のままで続けることにしました。

すでに6年間雑誌や広告でその名前で働いていたため、「堀本陽子」で私の顔を覚えてくださっているキャスティング事務所さんや読者さんもいらっしゃるかも知れないから、という事務所的配慮もありました。

更に夫が東京のドラマや舞台で活躍しだすとありがたいことに「生瀬」は「なませ」と認識してくださる方も増えてきたので、「なませ」と言えばあの顔が浮かぶ人も多くなり、ますます自分は「堀本」と呼ばれている方が「楽」になっていきました。(「生瀬の妻」であるということによるお気遣いを受けなくて済むから)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

生瀬陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の生瀬陽子さん(モデル名は堀本陽子さん)。最近では、ヨガウェアをプロデュースしてTVで販売するなど、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな飾らず自然体の陽子さんの日常や、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ChemToLaw そう遠くない未来には、結婚してもそのままの姓(氏)でいることが当たり前になるんだろうな。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite