身近な借金地獄#12】借金問題の駆け込み寺はここだ!

日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2017年7月10日発売当時のものです。

借金問題の駆け込み寺はここだ!

ファイナンシャル・プランナー・花輪陽子

 「生活費が足りない」「セールで買い物をしすぎてしまった」。ちょっとしたきっかけで借金は積み上がってしまう。借金地獄は決してひとごとではなく、普通の会社員が問題を抱えることも多い。筆者も20代の会社員時代に洋服や靴などを買いすぎてしまい、クレジットカードの残債が200万円に膨らんでしまった経験がある。家族や友人など誰にも相談できずに独りで夜も眠れぬ思いを経験した。

 借金問題を膨らませてしまう一番の原因は、周りの人に相談しづらいということだ。その結果、情報不足になりやすく、状況を悪化させてしまう。返済に充てるためにほかの金融業者から借り入れる行為を繰り返す多重債務に陥ると、自分の努力だけで問題を解決することが非常に困難になる。

 そうなってしまった場合は(できればそうなる前に)信頼できる借金相談機関にすぐに相談することが非常に重要になる。借金問題の解決方法は自己破産以外にもたくさんあり、場合によっては住宅などの資産を失わずに借金を整理する方法もある。

 借金問題の相談窓口はたくさんあるので、まずは勇気を出して相談してみよう。守秘義務は守られ、最初は無料で相談できるところも多い。

条件を満たせば無料で法律相談も

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません