身近な借金地獄#6】奨学金は「金融事業」に変わった

日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2017年7月10日発売当時のものです。

奨学金は「金融事業」に変わった

「日本育英会」という組織はもう存在しないことを、いまだ知らない親世代もいるのではないか。あるいは独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)に改組されたと知っていても、それは育英会の奨学金事業を引き継いだ類似組織にすぎないと思っている人は多いかもしれない。日本学生支援機構労働組合書記長の岡村稔氏が、独立行政法人化以後のその変容を打ち明ける。

 小泉純一郎政権の行政改革の一環で日本育英会は廃止され、奨学金事業は2004年からJASSOが担うようになった。以後、奨学金事業の軸は大きく変わった。一言でいえば「教育事業」から「金融事業」にシフトしたのだ。

 10年に始まった一連の取り立て強化策は、その顕著な例だった。返還が3カ月滞った人は個人信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録され、クレジットカードや金融機関の審査に影響が出るようになった。4カ月滞ると債権回収会社に債権が移る。延滞が9カ月になると裁判所に支払督促の申し立てがなされる。

 JASSOが法的処理を積極化した結果、現在は年8000件以上の支払督促申し立てが行われている。膨大になった法務をこなすため、組織内にあった小さな法務課は債権管理部に格上げされ、大規模化。差し押さえを意味する強制執行は、10年前は年に1件あるかどうかにすぎなかったが、現在は年約500件も行われている。

 日本育英会時代は無利子奨学金(第一種)が主だったが、現在は完全に有利子(第二種)が中心になった。07年には年利上限3%の見直しも議論された。第一種の財源は税金だが、第二種は国が民間から調達した資金を元に行われるため、IR(投資家向け広報)も活発になった。

育英会時代の奨学金は「教育事業」だった

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tamatebako_kou 奨学金制度が金融事業になったとの記事。余りある資産をもっと子供世代に使う制度や施策があるといい。■ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

10ricedar 泣けてくる 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

0818enatter https://t.co/cfcCBFzRBK 約1ヶ月前 replyretweetfavorite