恋愛や性愛によらないパートナーシップだってある

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。きのコさんに新たに”パートナー”ができたそうです。でもそれは、恋愛感情で結ばれた関係性とは少し違って…。今回は、関係性を名付ける言葉の使い方について考えてみます。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、質問フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

パートナーができました。

…厳密にいえば、必ずしも恋愛・性愛関係にあるパートナー、というわけではありません。

「恋愛でも性愛でもないなら、それってただの友達じゃないの?」と思う人もいるかもしれませんね。今回はそのような”恋愛・性愛によらないパートナーシップ”について、考えてみたいと思います。

“関係性の名付け”をためらうワケ

昔の私は、「パートナー」「恋人」「彼氏」「彼女」といったパートナーシップの言葉を使うことに、かなり高いハードルを感じていました。

ポリアモリーでありながらリレーションシップアナーキー(参照「自分の好意を、恋愛感情だの友情だのに区別したくない」)的なあり方にも共感を覚える私は、自分の結ぶ関係性をなかなか名付けられないでいたのです。誰かと「パートナー」とか「恋人」という肩書きを共有するためにはお互いに同じだけ強い好意がなくてはならない、さもないとその肩書きは暴力的な押し付けにもなりかねない…と思っていたし、誰かとの関係性を「恋人」と名付けたのちにその本質の恋人らしさがいつしか失われ、”仮面夫婦”のように肩書きだけが残って形骸化することが怖かった。

そんな私が改めて関係性を名付ける言葉の使い方について考えるようになったのは、まさにパートナーの影響でした。

彼女は以前から「きのコさんのこと、パートナーだと思ってる」といつも言ってくれていたのです。そう言われて最初は「え、嬉しいけどそれ大丈夫なの?」と戸惑っていたのですが、それが必ずしも「私を恋人として扱って!」という強要などではなく、シンプルに彼女が私を大切に思ってくれているという表現なのだ、ということが次第に理解できるようになりました。少なくとも現時点では、私達が恋愛として両想いであるとかないとか、セックスするとかしないとか、そういうことが必ずしもこのパートナーシップの本質というわけではないと思っています(もちろん、そのような関係になる可能性もあっていいのですが)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kurimatu044 おお!おめでとうございます👏👏👏 https://t.co/ahbRSvQxBF 14日前 replyretweetfavorite

mityu0326 愛する事に幸せを感じる。あたしもそうだなぁ…激情も好きだし、ただそこに存在してるだけで安心する愛情も好き。 17日前 replyretweetfavorite

s_minamino |わたし、恋人が2人います。 お互いが納得してればなんでもよいんだなーと思うなどした。関係性に名前は確かにいらないかもしれない https://t.co/gdc0jIlbPu 17日前 replyretweetfavorite