男女間だけでない!親子関係にも1日1時間で効果あり

身近過ぎて家族の心を察したり慮ったりすることを疎かにしていないだろうか。ここでは、知っておきたい心理学的側面からのコミュニケーション術を紹介する。(後編)

前編中編では男女間の関係を良好にするための考察を重ねたが、今回は、親子関係を取り上げる。親子間で心の距離を縮めるため、健全な成長を促すために必要なことは、とにかくコミュニケーションを取ることだ。親子間で取り入れてほしいコミュニケーションの事例を下図にまとめた。


 いくつか挙げたが、要点は会話をすることだ。教育心理カウンセラーの高橋チカ子氏によると「会話の量ではなく質が大切」。実際、高橋氏は多くの心を病んだ子供のケアをしてきたが、「週1回、1時間のカウンセリングでも効果が出た」というから、忙しい父親でもチャレンジしてほしい。

 会話で心がけたいのは「感情を表す表現を取り入れ、子供から引き出すこと」(高橋氏)。例えば水に触れたら「キンキンに冷たい!」、飲んだら「ヒャーとして生き返ったよ!」などと表現してみよう。

 親が率先して表現すると、子供は「自分も表現していい」と安心し、自分も表現するようになる。感情の表現の積み重ねがコミュニケーション能力の土台をつくる。

 逆に、こうした内面の表現方法を知らないと、友人関係の構築が下手だったり、いじめに遭った際にSOS発信ができなかったりする。「表現ができないから“空気を読む”に終始し、それが活力や意欲を弱める」と高橋氏。表現できないことは子供のストレスとなり、「脳内機能の低下、例えば海馬など学習機能をつかさどる部分にも悪影響を与える」という。

 会話が苦手、または途絶えているような親子関係でも諦めないでほしい。「お土産はアイスとチョコ、どっちがいい?」などと選ばせることからやってみよう。「認められている、意見を言っていいんだ、という安心感を醸成する近道」(高橋氏)となる。

◎本記事に関連する記事はこちら!
    ↓ ↓ ↓

【第23回】男女間のメッセージの裏 & 越えてはいけない一線 !!

【第24回】性格のキツイ女性と気弱な男性のカンケイ






この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
心理入門 効果絶大!  ~人の心を動かす技法~

週刊ダイヤモンド

トップ営業マンは心理学を知らなくても優秀なのだから、営業に心理の知識など必要ない──。本当にそうだろうか? 優秀なビジネスマンを観察すると、本人は意識せずとも「心理テクニック」に当てはまる会話や行動がめじろ押しだ。心理の基本を学べば彼...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません