森田健作が「青春」を連呼して知事を辞めた

今回取り上げるのは、3期12年に渡り千葉県知事を務めた森田健作です。芸能の世界から転身し、30年近く身を置いてきた政治の世界からは卒業、再び芸能活動を始めた森田。武田砂鉄さんはどのように見ているのでしょうか?


「オレは幸せ者だな、神に感謝!」と言った

それこそ安倍晋三前首相が顕著だが、皆、なぜか、辞めた政治家に甘い。彼に厳しい言葉をぶつけ続けてきた人でも、もう辞めたんだし、と放置する。複数の疑惑を封じるように辞めた人に向けて、その封をもう一度開けて問い直す姿勢が乏しいのは、辞めた人からすれば「マジでラッキー」「超助かった」ってなもんだろう。先々週末で、森田健作千葉県知事が退任した。東京都に住んでいると、どうしても小池百合子都知事の諸政策へのツッコミを優先してしまい、隣県の森田健作の振る舞いに関心を持てずにいた。

退任式で、森田健作が自身の歌「さらば涙と言おう」の一節「青春の勲章はくじけない心だ」を歌い上げ、「『おれは男だ!』の小林弘二は、まさに、『青春の勲章はくじけない心だ!』と、私はそう思って芸能界においても政治の世界においても、自分に叱咤激励して、今日のこの日まできましたよ。青春の勲章はくじけない心だと、これからも思い続けて参りたいと思っております」と述べた。それにとどまらず、「オレは幸せ者だな、神に感謝!」と両手を大きく広げたのだという。2019年の台風15号の初動対応など、自身の活動に反省もあるとしながらも、とにかく、自分に宿っている「青春」は健在で、神に感謝している現状だというのだ。東京にいる人間が作るメディアは、これほど珍奇なエンディングをさほど報じなかった。

俺のような青春がみんなにもあった前提

時代は変わる。だから今、「おれは男だ!」と言われたら、「うるせぇ、だからなんだ」と答えればいいのだが、過去作品の世界観まで一概に否定されるべきではない。とはいえ、彼は、現在の信条として過去の作品を持ち出している。ならば、改めて検証されるべきだろう。彼は、『おれは男だ!』で演じた小林弘二をどのように位置付けてきたか。「当時社会的風潮として勢いを増していたウーマンリブと対決し、旧き男として〝わが道を行く〟高校生」(森田健作『ゼロの勇気 いま再び「青春の勲章」を』2008年)とある。ウーマンリブと対決する男の姿を、今の自分と重ね合わせていたのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんが選考を担当。災間ニッポンを稀代のコラムニスト10年分のツイートで読み解く。

災間の唄

小田嶋 隆
サイゾー
2020-10-22

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toyomann https://t.co/FKS83Po9AT 面白い。笑いどころが多々ある。 25日前 replyretweetfavorite

tele1962 「彼の中での青春の根付き方を探ってみると、そこにあるのって、昔ながらの父や男の復権だった。それを青春に変換しているだけなのだ」 https://t.co/CDCAXIGgIY 26日前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "一体、「青春」ってなんなんだろう。森田の中ではハッキリしていて、多くの人にとっては漠然としている。すると、「青春、青春」と繰..." https://t.co/K7jUpRBXxP https://t.co/4vg3e6ipiQ #drip_app 26日前 replyretweetfavorite