ITが価値観を変える? IT時代の教育とは?【第1回】

90年以降続いた不可解な事件や社会現象……。その背景には画一的な価値観の崩壊があります。その引き金は一体なんだったのでしょうか? 今回の連載は教育について書いていこうと思っていますが、今回はそのバックグラウンドのおさらいです。

 「どうして人を殺してはいけないの?」

 時は1997年。2名が死亡、3名が重軽傷を負った神戸連続児童殺傷事件事件の受けて開かれたNHKの討論番組において、大江健三郎氏をはじめとする文化人たちは、中学生のこの質問に、身が固まってしまい、誰一人答えられませんでした。

 大江健三郎氏は後日、朝日新聞のコラムでこう答えました。

私はむしろ、この質問に問題があると思う。まともな子供なら、そういう問いかけを口にすることを恥じるものだ。 (中略) 人を殺さないということ自体に意味がある。どうしてと問うのは、その直観にさからう無意味な行為で、誇りのある人間のすることじゃないと子供は思っているだろう。(朝日新聞1997年11月30日より)


 大江氏のこの「まともな子供はそういう問いかけをしない」という言葉は、図らずも重要な時代の変化を浮き彫りしたのではないでしょうか? 大人側には、誰しもが「まとも」と感じる大前提があるのに対して、中学生側は必ずしもそういった前提を持っていないことを、大人側に初めて気が付かせたのです。私もそんな衝撃を受けた「大人」のうちの一人でした。

 90年代は、それまでの時代に見られなかったさまざまな「不可解な行動」のオンパレードでした。例えば94年頃から社会問題化した援助交際。あるいは頻発した「オヤジ狩り」。不登校やひきこもりの爆発的な増加。地下鉄サリン事件、バスジャック事件、自殺の急増。世の中の大半の大人たちが漠然と信じていた価値観が、ガラガラと音を立てて崩れてしまったのです。

当時の価値観
 それではまだ「昭和」だった80年代以前、人々は具体的にどのような価値観を持っていたのでしょう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

citronlemon これからの変化は今まで以上になるよね、きっと。 4年弱前 replyretweetfavorite

ayakahan 自分がない人は生き地獄の現代か。。。: 4年以上前 replyretweetfavorite

Matsuhiro 私はそうは思っていません。理由はコチラ。 https://t.co/jadDJLX3md @keikomaa @tonycony7 「価値観の混乱していた時代」だと私は思います。 4年以上前 replyretweetfavorite

Aki__KOsaka ホント変化を実感するよなぁ。 4年以上前 replyretweetfavorite