​言葉の「呪い」をかけてはいけない

言った方は深く考えていなくても、言われたほうはずーっと忘れられずに、重く抱え込んでしまう言葉というものがあります。そんな「言葉の呪い」について考えます。

できないことをやらされる辛さ

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕、すごく不器用で、小学生の頃、逆上がりがなかなかできなかったんです。それで、今思い出してもすごく辛いのですが、先生から「逆上がりができるようになるまで、放課後残ってやりなさい」と言われたんです。

本人の意志だけではどうにもならないってこと、あると思うんです。クラスで一番早く走りたいとか、数学の問題をスラスラ解けるようになりたいとか、逆上がりができるようになりたいってこととか。

でも、例えば足が遅い生徒に対して、「足が速くなるまで放課後に残って走れ」とは言いません。いくらがんばっても足は速くならないからです。同様に、逆上がりもできないと思うんです。そういう「できないこと」を無理やりやらせるのではなく、その子に向いている他の何かを見つけてあげた方が、劣等感を持たずにすむと思うんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載の書籍化、第二弾です。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mimimicB 言葉の「呪い」をかけてはいけない|林伸次 @bar_bossa | 25日前 replyretweetfavorite

limoncello_moon 言葉の「呪い」をかけてはいけない #SmartNews https://t.co/0cAzaVZCWd 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kokomo0723 ほんとにそうなのよね。特に親の言葉ね。 https://t.co/kKyMDRAOlg 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

shigekixs 成長期に親から何も「呪い」をかけられなかったことは今でも感謝してる。 https://t.co/QSQMHom8sG 約1ヶ月前 replyretweetfavorite