​ソーシャルメディアで他人を批判する前に考えてほしいこと

Twitterを使う際、自分なりのルールを決めているというアメリカ在住の作家・渡辺由佳里さん。それは、自身が参加していた活動で、「正義」を訴える人々によって、多くの人の善意が傷つけられた経験があったからでした。自身の体験から、異なる意見を取り交わす時に考えたいことを語ります。

ソーシャルメディアのなかでも特にツイッターは炎上しやすいメディアだ。毎日のように誰かが噂や批判のターゲットになっている。根本的には似たような考え方を持っている人同士が「自分のほうが正しい」という立場の口論を泥沼化させているのも目撃する。わざわざ他人の過去のツイートや「いいね」をチェックして「あの人って、こういう人だったんだ」とツイートする陰口的なものもある。自分がターゲットになるのも嫌だが、自分に無関係な人の話題でも陰鬱な気分になる。だから最近は心の健康のために少し距離を置いている。

これまでにも「誹謗中傷のターゲットになったときにやるべきこと」といった「自分の身を守る」方法を書いてきたが、しばらく心の休憩を取ったので、今回は「ソーシャルメディアで他人を批判する前に考えてほしいこと」という異なる角度で書こうと思う。

私は、ツイッターでの自分ルールを持っている。それは次のようなものだ。

1.政治家など我々を代表する立場にある公人の言動が間違っている場合や危険な場合には、一市民として指摘し、批判する権利がある。

2.私人(アーティストや芸能人も含む)の場合には、個人のプライバシーを尊重する。その人を名指しで攻撃したり、陰口を言ったりはしない。その人の発言や行動に問題が含まれている場合には、その問題のみに焦点を絞り、それについての自分の見解をエッセイなどにまとめる。

3.私人である誰かが問題発言をしていても、自分のほうからわざわざでかけていって嫌味を言ったり、非難したりするリプライはしない(知人の場合で必要があると感じる場合にはDMなど他人には見えない場で意見や提案をする)。

4.話しかけていない人から攻撃的なリプライをされたら、「誹謗中傷のターゲットになったときにやるべきこと」に書いたような方法で対処する。

こういうルールを作った背景には、過去に私自身も参加していた活動で、「正義」を訴える人たちによって、多くの人の善意が傷つけられた経験があるからだ。


正義感に潰された苦い経験

私の娘が通っていた公立小学校には校長、教師、保護者のボランティアで構成されている「反偏見委員会(Anti Bias Committee)」があり、私は別のボランティアで親しくなったPTA副会長の招待で加わった。ここでは互いをファーストネームで呼び合い、何を質問してもばかにされず、批判もされない安心できる雰囲気があった。

委員会は定期的に会って、「いじめ」に関する最新レポートや防止対策を報告しあったり、教材として使えそうなビデオを一緒に観たり、学校で発生した問題の解決策や予防策を語り合ったりしていた。委員の自宅に食事を持ち寄って会議をしたこともある。私をこの委員会に誘ってくれた友人は4人の子供を持つ同性愛カップル(同性婚が合法化されてすぐに結婚)のお母さんで、同性愛カップルの子供たちが学校で差別されないような教育方針も重要なテーマのひとつだった。2001年9月11日の同時テロの直後には緊急会議を設けて「イスラム教信者への憎しみや差別」への対応策を語り合った。この小学校にはイスラム教徒の生徒もかなりいたからだ。


小学校の反偏見委員会主催の「国際ゲームデー」

これ以外にも「No Place for Hate(NPFH,憎しみやヘイトクライムがないコミュニティ)」の運営委員会や「住民の建設的な対話を構築するための委員会」などに加わったことで多くのことを学ばせてもらった。

これらの委員会の委員はすべてボランティアだ。警察署長や教育委員もプライベートの時間を使って参加する。モチベーションは、自分たちが住んでいるコミュニティへの貢献だ。個人的な利益のためにやっていた人は誰ひとりとしていない。けれども、これらのグループとそれに属していた多くの人たちの善意は、後に「正義」を訴える人たちによって傷つけられた。

そのひとつが小学校の反偏見委員会だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba 渡辺由佳里「「住民の建設的な対話を構築するための委員会」で学んだことのひとつは、異なる意見を取り交わすときに「You(あなたは)」で会話を始めてはならないということだ。」https://t.co/NNkJmPoAu4 #ss954 #radiko #tbsradio 3日前 replyretweetfavorite

zoyAvJTWaLdBGtc 「異なる意見を取り交わすときに「You(あなたは)」で会話を始めてはならない 」https://t.co/IiFeVMPn2X 7日前 replyretweetfavorite

serikurosawa ソーシャルメディアはもちろん、自分と立場を異にする他者に対する姿勢として、支持します。 https://t.co/hFlBj6H8f1 7日前 replyretweetfavorite

ttya70 https://t.co/1Stpn7QnAx 7日前 replyretweetfavorite