やらなきゃいけないことが いっぺんに あらわれた!

ここは、カフェ「しくじり」。都会の喧騒を離れ、一見さんお断りの限られた客のみ入店できる会員制のカフェ。
このカフェでの通貨は「しくじり」。客がマスターにしくじり経験談を披露し、その内容に応じてマスターは客に飲み物や食べ物を振る舞う。 マスターの小鳥遊(たかなし)は注意欠如・多動症(ADHD)の傾向を持ち、過去にたくさんのしくじりを重ねてきた。しかし“ある工夫”で乗り越えてきたという不思議な経歴の持ち主。そんな過去の自分と似た「会員」のため、今日もカフェのカウンターに立つ。 そんな奇妙なカフェのお話。

(初回はこちら)(記事一覧はこちら

****

(カラン、コロン〜♪ カラン、コロン〜♪)

りんだ 「小鳥遊さん、こんばんは」

小鳥遊 「おや、りんださん、こんばんは。今日はどんなしくじりをお持ちいただけたんですか?」

りんだ 「いきのいいしくじりをお持ちしましたよ(笑)。 小鳥遊さん、仕事が延々とわいて出てくるようなときってないですか?」

小鳥遊 「会社員時代、そんなこともありましたね。やらなきゃいけないことがいっぺんにあらわれて、同時にこなさなきゃいけない!って思ってしまったり」

りんだ 「それ! それです! まさに今日そうだったんです。それでやる気をなくしてしまったんです」

小鳥遊 「いいしくじりですね! じっくりお話を聴かせていただきます」

****

りんだ 「今日は朝からウチの製品のチラシに書く紹介文を作っていたんです。そうしたら、先輩から『昨日迷惑をかけたお客様に出すお詫びメールの内容を書いてほしい』と頼まれて、ふと気が付くと、午前中のうちに出さないといけない協力会社さんへの発注書の締切が近づいていて…」

小鳥遊 「どんどん仕事が増えていきますね」

りんだ 「それからそれから、11時にいらっしゃるお客様のために、製品カタログや会社案内をまとめる仕事を後輩に指示しなきゃいけないことを忘れていて、そうこうしているうちに広報から電話がかかってきて、会社ホームページに載せるインタビュー原稿の確認依頼を早めにって言われて、正直頭がパンクしそうでした。いや、パンクしました」

小鳥遊 「でしょうね」

小鳥遊は、りんだから言われた仕事を店の黒板に書いていく。


・チラシの紹介文作成
・お詫びメール作成
・発注書提出(午前中)
・来訪客へカタログ等をまとめて渡す(11時まで)
・インタビュー原稿の確認


りんだ 「ひとつひとつやっていけばいいんでしょうけど、なんというか、息つく間もないというか...。これ全部やるとか、手が何本あっても足りませんよね、小鳥遊さん」

小鳥遊 「そうですね、これを全部いっぺんにやろうとすると、あと頭が4つと手が8本必要ですね」

りんだ 「そんな妖怪みたいなものになりたくないですー!」

小鳥遊 「フフフ、そうですよね」

****

小鳥遊は、黒板の空いているところにこのように書き出していった。


・手作りパン
・ポトフ
・サラダ
・ステーキ


小鳥遊 「これから、この4品を作ってみましょうか」

りんだ 「な、なんですかいきなり。いいですけど......いきなり4品も作るって、結構大変...」

小鳥遊 「じゃあ、手作りパンからいってみましょう。まずは強力粉と砂糖、イーストと牛乳を混ぜて、塩も追加したものをこねます」

りんだ 「はい。えいっ、えいっ」

小鳥遊 「充分こねたら、これ、どうするか分かりますか?」

りんだ 「はい、大体40分くらい置いておいて発酵させます」

小鳥遊 「じゃあ、そこの冷凍庫から肉を取り出してください」

りんだ 「はい。取り出したらそのままにして解凍ですね」

小鳥遊 「はい、そうです。次は、冷蔵庫にあるレタスとトマトとセロリをお好きに切ってサラダを作ってください」

りんだ 「はい! 私セロリの入ったサラダ大好きなんです!」

小鳥遊 「いい感じですね。そうしたら、野菜を切ったその勢いでポトフの具の野菜や肉も切ってしまいましょう」

りんだ 「そうですね」

テンポよくキャベツ、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、豚バラ肉を切るりんだ。

りんだ 「切りましたよ! その次は、鍋にコンソメを入れて、水を入れて、にんじん、キャベツ、豚バラ肉♪」

小鳥遊 「あとは、玉ねぎ、じゃがいもも入れてそのまま1時間くらい待ちますか」

りんだ 「ちょうど手が空きましたね。一休みしましょう」

****

小鳥遊 「ということなんですよ、りんださん」

りんだ 「え? どういうことですか?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

要領のよさの実体はノウハウ。練習すれば、うまくなる

この連載について

初回を読む
カフェ「しくじり」へようこそ

小鳥遊 /りんだ

発達障害でありながら一般企業に勤める小鳥遊(たかなし)さんが、カフェのマスターに扮して仕事の悩みに答えるストーリー連載。「安心して仕事ができるようになる、安心して会社に行けるようになる」を目指す、世界でいちばん意識低い系のビジネス連載です!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kurimatu044 ADHDが苦手そうな題材で、料… https://t.co/oofSeV6tSQ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite