出会いと別れの季節に振り返る親族、家系、ルーツと性の目覚め

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装が趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた……。今回は、出会いと別れの季節を迎えて、仙田さんが自らのルーツである母方、父方それぞれの親族との関りや性の目覚めについて振り返ります。

人生は出会いと別れの連続


photo by ちゃぁみい on photo AC

春は出会いと別れの季節だとされている。
次女も保育園を卒園して4月から小学生になるので、別の小学校に行く友達とは疎遠になってしまうだろう。
2人の子どもたちを3年間通わせた保育園には、私も行くことがなくなる。
平日の長い時間を子どもたちと過ごして、二人三脚で子育てをしてくれた保育士さんたちとはお別れだ。

こんなふうに、親子で大きな節目を迎えるのは初めてのこと。
「これまでありがとうございました」と挨拶をして人と別れて、「これからはよろしくお願いします」と挨拶をして新しい人に出会う。
生涯にわたって、子どもたちは折に触れてこのような出会いと別れを繰り返すだろう。

ある意味で人生とは出会いと別れの連続で、どの瞬間を取ってみても、次の出会いか別れへの途上にあるといえる。
そこで今回は、私が幼い頃に体験した、主に家族との出会いと別れを振り返りながら、子どもたちがこれから歩んでいく人生について思いを巡らせてみたい。

母方の親族や家系はルーツを保証してくれるものだった


photo by FineGraphics on photo AC

高度経済成長期の真っ只なかの1975年、大企業に勤める父親と専業主婦の母親のあいだに生まれた私は、京都市内のアパートで3人暮らしをしていたらしい。
近くに住んでいた祖母に手伝ってもらいながら母親は私を育てていたそうで、祖母の家の記憶が鮮明に残っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
女装パパが「ママ」をしながら、家族と愛と性について考えてみた。

仙田学

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた。仕事と家事・育児に追われる日々、保育園や学校・ママ友との付き合い、尽きることのな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sendamanabu cakesの連載。今回は、について振り返りました。 https://t.co/a0sRx4Jr9R 6ヶ月前 replyretweetfavorite