わかりやすい伝え方の法則 【第16回】 相手に合わせた「伝え方」をするための準備をしよう

相手に合わせる---。これが、わかりやすく伝えるために、最も大切なことです。わかりやすく説明するには、『誰に』『何を』伝えるのかを明確にすることが最重要です。本来、言葉自体に難易度はありません。相手が知っている言葉であれば「簡単な言葉」、知らなければ「難しい言葉」になるのです。

わかりやすく伝えるために、相手にぴったりの表現を選ぶ

相手に合わせる---。

これが、わかりやすく伝えるために、最も大切なことです。

わかりやすく説明するには、『誰に』『何を』伝えるのかを明確にすることが最重要です。本来、言葉自体に難易度はありません。相手が知っている言葉であれば「簡単な言葉」、知らなければ「難しい言葉」になるのです。

そういう意味で、相手に分かる言葉を伝えることが重要で、そのために考えなければいけないのは、「そもそも相手は誰か? 『誰に』伝えるようとしているのか?」です。これこそ、伝え方の「第一歩」であり、伝え方の「奥義」でもあるのです。

同じ言葉を投げかけられても、そこからイメージするもの、連想するものは、人はそれぞれ違います。

ひとりひとり、内容を理解しやすい言葉、わかりやすい表現や伝わりやすい言い方・書き方は違うのです。ひとりひとりにあわせて、「言葉」を置き換え、「論理の行間」も調整しなくてはなりません。すべて相手に合わせた表現で行うべきなのです。

では、どうすれば「相手に合わせる」ことができるようになるのでしょうか?

答えは、ひとつです。

相手に興味を持ち、相手を知り、相手になりきる---。

これが唯一の方法なのです。

これで、相手にぴったりの表現を選ぶことができます。そして、相手にぴったりの表現を選ぶことができれば、わかりやすく伝えることができるようになります。

相手に合わせるために、相手のことを知る

この連載では、伝えるための前提や、伝え方の公式「テンプドレップ」をお伝えしてきました。ここまでマスターすれば、伝え方の基盤が身につきます。「あなたの説明はわかりづらい!」と言われることはなくなります。

また、"表現の柔軟性"を身につけ、言葉を複数に言い換えることができれば、相手が知らない言葉やテーマも伝えることができます。ここでみなさんは、多くの「カード」を身につけるわけです。

手持ちの「カード」が増えれば、様々な表現ができます。相手に伝わっていなければ、別の言葉・表現で言い直すことができます。このようにすることで、やがて伝わるのです。

そしてここからが真骨頂です。「相手に興味を持ち、相手を知り、相手になりきる」ことで、その場その場で、目の前の相手にとってベストな表現を、すぐに選ぶことができるようになるのです。

なぜか? 相手のことがわかるようになるからです。

「この人にこういう言い方したら伝わらないだろうな」

「あ、この部分の話は馴染みがないだろうから、『行間』を開けずに、丁寧に説明しないとな……」

このように思えるのです。

そもそも「わかりやすい伝え方」は宇宙の絶対真理でひとつに決まっているものではありません。

「誰にとってもわかりづらい伝え方」はあるかもしれません。しかし、「誰にとっても、絶対に、100%わかりやすい表現」というものは存在しません。ある人にはわかりやすくても、なかにはそれを「わかりづらい!」と感じる人もいます。

その「わかりづらい!」と感じる人の割合を減らすためには、この連載の前半部分で解説したテクニックが非常に有効です。

そして、ピンポイントで、「この人には伝えたい」と考えた時に必要なのが、「相手に興味を持ち、相手を知り、相手になりきること」なのです。

「論理の行間」についても同じです。

相手を知らなければ、どの程度、話を端折っていいかもわかりません。説明を端折っていいのは、相手がそれを知っているからです。皆さんがいろんなところでその話をしていて話し飽きたから、ではありませんね。

相手が知らない話をするときには、話を省略するどころか、「論理の行間」を狭めて話さなければなりません。逆に、わかりきっていることをくどくど説明してしまっても「わかりやすい」とはなりません。わかりやすく伝えるためには、相手に合わせなければいけません。そして相手に合わせるためには、そもそも相手を知らなければいけません。

「相手に興味を持ち、相手を知り、相手になりきる」ことが、絶対に必要なのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

現代ビジネス

この連載について

初回を読む
木暮太一の「経済の仕組み」

木暮太一

10万部超のベストセラー『今まで一番やさしい経済の教科書』などのビジネス書で知られる著者が、なんとなく分かったつもりになっていた「経済の仕組み」を懇切丁寧に解説します。ビジネスパーソンの基礎力を高めたいなら必読です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

manpakudou 確かに、例え話をするにも、その人のパーソナリティに合った話でないと伝わらないですね 『伝えたい相手と、同じことを体験する』『主婦に伝えたいなら、主婦の生活を体験する』 【第16回】 相手に合わせた「伝え方」をするための準備をしよう| https://t.co/NSiS8qaPpf 5年弱前 replyretweetfavorite

manpakudou φ(..)『本当に必要なのは、相手に合わせて調整し、表現を変えること』   5年弱前 replyretweetfavorite