空き巣」に入られた話をしてもいいみたいなので・・・。

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!
一歩間違えば恐ろしい事件にもなりかねない出来事。何事もなくて本当によかったですが、何があってもおかしくないこのご時世、用心に越したことはないですね。

もう2年ほど前ですが、「空き巣」に入られたことがあります。

自宅ではなく、夫の衣装部屋(というか物置)として借りているアパートの部屋に「空き巣」が入りました。

これはなかなかの経験なので、エッセイにも書きたかったのですがやはり夫の立場上、私が軽々しく書いたりしてはいけないと遠慮していました。(これでも色々結構気をつかっているつもり)

が、先日夫が出演したバラエティ番組でさら〜っとこの件について語っていたのでもはや解禁かと思い、書かせていただきます。

そのアパートは自宅近くのワンルームで、時々建物全体のお掃除に来てくださっているシルバー人材派遣センターの方とは、ご挨拶するくらいの仲になっていました。

ある日私が家の前ではき掃除をしていると、そのおじいさんがやってきて、「お宅の借りている部屋の窓が割られていたよ!」と教えてくださいました。

「え!?ほんとですか!!ありがとうございます!」

と慌てて鍵をとり、見に行くと、確かに1階の部屋のベランダに面した窓の鍵周りのガラスが漫画みたいに綺麗に切り取られて破片が外に散乱していました。

1階のベランダは各部屋の仕切りがあるものの、横に繋がっていて、おじいさんはその辺りの枯れ葉などを掃除していたら、いつもは見かけないガラスの破片が落ちていたので気が付いたようです。

一人で部屋を見に行った私は、

「こわ!」

と思わず言ったものの、どうして良いかわからず、しばらく茫然としていましたが、ハッと我に返り、

「警察警察!」

と携帯で近くの警察署の番号を探して電話しました。

110番かなとも思ったのですが、もはや犯人はいないし(今思うと潜んでいた可能性もあるから怖いですよね)、急いでパトカーに来てもらっても仕方ないと、なぜか冷静に考えていました。

あとは、管理会社の担当者に連絡ね・・・と。

ちなみに夫は仕事に出ていて息子は学校からもう帰って来て習い事にでも行っていたのか・・・とにかくその時は私一人でした。(おじいさんも帰って行きました)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yokonama280 今週のエッセイです。 貴重な経験となりました💦 #気軽に読めるエッセイ #なかなかないこと 11日前 replyretweetfavorite