聖火リレーがスタートしちゃった

全国的に新型コロナウィルスの感染者が増加し始める中スタートした、東京五輪の聖火リレー。多くの著名人が辞退したこの聖火リレー問題を考えます。


「色々ありましたけど、こうなったら応援しましょうよ」

先週木曜日から東京五輪の聖火リレーが始まったが、その様子を伝えるニュースの前後では、「繁華街の人出が増えています!」「宴会が禁止されているとはいえ、公園は桜を見に来た人で溢れています!」「観光名所では歩道からはみ出るほどの人がいます!」と伝えており、「人がたくさん出歩いている」という状態としては同じなのに、なぜか聖火リレーについてはポジティブに報じられている。ランナーそれぞれが背負う物語を引き出しながら、その家族らのインタビューを交えてイイ感じに仕立てる手法は予想通りなのだが、あまりに予想通りにやられると、マジでこんな感じでいくのかと、しっかり呆れてしまう。各番組のコメンテーターによる「色々ありましたけど、こうなったら応援しましょうよ」という無責任な声も、その物語のバトンを受け継いでいく。

首都圏の緊急事態宣言が解除されたのが3月21日、聖火リレーの開始が25日。新規感染者数が減少するどころか微増を続ける中での解除が、聖火リレーに合わせたものだと断言するのは難しいものの、全く関係ないと断言するのはもっと難しい。昨年は、聖火リレー開始2日前に五輪の1年延期が決まり、それ以降、聖火に代わって走り出したのが、それまであまり表に出てこなかった小池百合子都知事だった。当時、「どうしても五輪をやりたい」と表裏一体で「だからコロナはたいしたことないって思わせたい」との思惑が、都にも国にも組織委員会にもあった。森喜朗会長(当時)が「(リレーがスタートする)26日は、私が必ず福島へ参ります」と言い、武藤敏郎事務総長が「聖火リレーの中止は全く考えていない」と言ったのは昨年3月23日。延期が決まったのは翌24日だった。どうだろう、この感じ、今に続いていないだろうか。

意思を示さないままキャンセル

なぜ聖火リレーを始めたか。だって、今度こそ始めることになってたんだもん。これしか理由がない。それは、聖火リレーを報じるニュース映像ではなく、その場に立ち会った人のSNSから流れてくる動画に映る、東日本大震災の被災地を走り抜けるスポンサーの車列の圧を見ればわかる。「次男がランナーの伴走者に選ばれているんだ」と目を輝かせていた男性が、大音量でDJの掛け声と音楽を鳴らす車列を見て漏らした一言、「これはちょっと違うんでねえか」(東京新聞web・26日)が全てである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんが選考を担当。災間ニッポンを稀代のコラムニスト10年分のツイートで読み解く。

災間の唄

小田嶋 隆
サイゾー
2020-10-22

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kieteki 私の1回目のワクチン、予測アプリによると、来年になる予定。https://t.co/54R6x3beUg 3日前 replyretweetfavorite

kieteki 私の1回目のワクチン、多分来年、という予測の中で。 https://t.co/54R6x3beUg 3日前 replyretweetfavorite

kieteki 東京五輪という"狂気の沙汰"は...バターン死の行軍と同じ愚かさに根ざしているように思えてならない。「 3日前 replyretweetfavorite

ActSludge ■④(https://t.co/M2rlgoLMKE) 【ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 武田砂鉄 15日前 replyretweetfavorite