最近ディスコデビューを果たし青春を取り戻した友人と勇気のない私

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!
昔は諸事情で経験できなかったことも、時代が変わり年齢を重ねることで、改めて体験することができるって嬉しいことです。人生や青春って、実は何度でもやり直せると思うと、生きる気力も湧いてきますね!

今回はまた私の周りに数々いる「個性的な友人」のエピソードです。

その友人は私と同い年で、訳あって一人暮らし。

女一人、東京砂漠で(この友人が気にいっている言い方)逞しく生きております。

趣味は「ディスコ」・・・そう、クラブではなくディスコです。

私は行った事がないのですが、この友人Oちゃんはなんと40代になってから「ディスコデビュー」しました。

Oちゃんは、女子校から大学進学後も真面目に品行方正に暮らしてきて、80年代のディスコミュージックに興味はあったものの「ディスコ」に行くなんて許される家庭環境にはなく・・・。

1度結婚生活を経験した彼女ですが、お相手男性がこれまた「お固いタイプ」だったので、仕事帰りであろうと私と会っている時であろうと陽が西へ傾いてくる時間にはいそいそと「旦那様のお夕飯の支度」のために家路についていました。

時は流れ、訳あって(何回言うねん!ほとんど書いてますが⬆︎)40代後半で独り身となり、自由を手に入れた彼女は、数年前から再ブーム(?!)となっている「ディスコ」へ時折通うようになりました。

こちらも私は未経験なのですが、当時(バブル時代)にブイブイ言わせていた(昭和の人はこういう言い方をします)お兄様お姉様方が、子育てや会社経営などひと段落して、当時のお衣装そのままに(ダブルのスーツとかボディコンとか)カクテルを飲んだり、踊ったりしているそうです。

そこにはOちゃんの憧れの世界が広がっています。

お兄様お姉様方は初心(うぶ)なOちゃん(48歳)を可愛がり、当時の流行りのステップを手取り足取り教えてくださいます。

その方達は当時20代だったと思われますので、四半世紀前の状況がその箱(ビルの1室)のなかで再現されているのです。

しかも経済状況が逼迫している彼女に優しい「女性1000円day」なるものが設定されているらしく・・・何も知らない私が言うのもおこがましいですが、経営側も「お金儲けのため」だけではなく「ノスタルジー」(時間や時代を懐かしむ気持ち)を大切にされているのではないかしら・・・と想像してしまいます。

素晴らしい!

青春は2度経験することも出来るし、やり直すことも出来るのです!!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yokonama280 エッセイ更新されました↓ #気軽に読めるエッセイ #アラフィフディスコデビュー 14日前 replyretweetfavorite