韓国ドラマを見た後は、肉じゃがを赤くしよう

毎日のごはん、マンネリしたな~なんて思ったことありませんか? 今回は「肉じゃがの選択肢をゲット」する方法をご紹介。これだけで一気に食卓は「あたらしく」なります。毎日の食がエンタメになる大提案! いつものおかずをマイナーチェンジするだけだから、あたらしい素材も調味料もいりません。4月1日発売『家ごはんをも~っとおいしく! あたらしいおかず』より全8回の特別連載。

あたらしいおかず#3

あなたの好きなおかずは?

という質問をすると、多くの人が答えるのは ‟名前のあるおかず” でしょう。例えばそう、カレー、しょうが焼き、肉じゃが、ハンバーグ、とんかつ、唐揚げ、グラタン…etc.などです。人にもよりますし、「ここのお店のこれ」というパターンもあるだろうけれど、でもきっとパッと出てくる具体的な料理名って20個くらいしかないのでは? と思うんです。

そのほかの、日々つくるおかずたち(冷蔵庫にあるもので考えたり、家族の好き嫌いを考えたり、昨日の余り物をどうにか活用できないかと考えて作ったアレンジされたもの)は、すべて「あたらしいおかず」だと私は思っています。気に入れば、それがそのうちの定番になることだってあると思います。「名もなき、あたらしいおかず」から「定番おかず」へランクアップです(どっちが偉いというわけではないですが)。

私は日々、レシピをいろんな方に提供する仕事をしていますが、その中で、いかに食材を増やさないで、料理工程を減らしつつ、今までにない料理を生み出すかということを考えています。今、忙しい多くの人が求めているものって

  • 簡単
  • 時短
  • おいしい

料理だと思うんです。しかし、そんなレシピを求めていくと、多くの人と似たような料理になるし、変わりばえしなくなる。だから、私は「引き替え素材」の考え方をするようになりました。前回の「冷ややっこバリエ」の話です。シンプルさを求めた結果でした。材料は同じでも調味料を変えてみる。調味料は同じでも材料を変えてみる。いろんな方法があると思います。

とはいえ、毎日必ず食べる食事。「あたらしいもの」を求めるあまり失敗はしたくないし、失敗したらその日のごはんがなくなっちゃうから困るということもあります。ということで絶対に失敗しない、「あたらしいおかず」のレパートリーを4月1日発売の本の中のレシピから紹介していきます。今回からは、納豆や卵のようなごはんのお供たちではなく、しっかりとしたおかずを紹介。前回までがレベル0とすれば、今回からレベル1へレベルアップです。

韓国ドラマを見た後は肉じゃがも赤くなる

家ごはんの定番、肉じゃが。おふくろの味の代表。人生で一度も肉じゃがを食べたことがない、という人はきっと少ないのでは? ただ、ご家庭によってそのかたちは本当にさまざま! 肉ひとつとっても、牛肉、豚肉、ひき肉のおうちがあるはずです。肉じゃがの数だけ肉じゃがはある、と言っても過言ではないほどご家庭によって色が出るおかずのひとつでしょう。

さて、そんな「いつもの肉じゃが」はそれぞれのご家庭に全力でお任せします。今回は、その「いつもの肉じゃが」からのアレンジ方法をご紹介させてください。

アレンジの発想を身につけるだけで、肉じゃがは肉じゃがでも「今日はどの肉じゃがを作ろうかな?」という「肉じゃがの選択肢」を手に入れることができます。

例えばそう、個人的な話ですが、最近やっと韓国ドラマにて「不時着」をしました。韓国ドラマを見終わったらやはり、赤くて辛い物をすこし欲したりもします。というわけで、いつもの肉じゃがを韓国風にアレンジしてみましょう(男から見ても、ヒョンビンはかっこいいものですね)。

使う素材は、定番の

  • じゃがいも
  • にんじん
  • 玉ねぎ

あたりがあればよいです。

いつもの肉じゃがと同じ材料でも全く問題ありませんが、できたら肉は豚肉がおすすめです。一番重要なことは、そう、赤いか、赤くないか…です(そうなの?)。

韓国 カムジャタン風肉じゃが

「カムジャタン」という食べ物をご存じでしょうか? 実は、肉とじゃがいもという組み合わせ、わが日本のものだけではないのです。そりゃあ、こんなにおいしい最強ペアは人類共有、地球の宝です。そんなわけで、お隣の国・韓国でも 大人気。代表的なものがカムジャタンです。もともとは鍋なのですが、ここではフューチャリング肉じゃがなので、お惣菜風に仕上げました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いつものおかずをマイナーチェンジでマンネリ脱却大作戦!

この連載について

初回を読む
家ごはんをも~っとおいしく! あたらしいおかず

山田英季(and recipe)

「いつものおかず」もいいけれど、食卓にちょっとした「あたらしさ」が欲しい時ってありませんか? 実は、台所にはまだ見ぬ「あたらしさ」がたくさん潜んでいる!ちょっとした調味料の使い方や、意外や意外な調味料の組み合わせで「いつものおかず」が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません