借金は身内にほど打ち明けづらい

今回は両親の離婚を告げられた31歳の方からの相談です。両親に対する感情に悩む相談者に、幡野広志さんはどう応えるのでしょうか?

※幡野広志さんへの相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

自分の割り切りの速さが冷たい人間のように感じられて、このままでいいのか悩んでます。
最近、両親が離婚しました。私ももういい歳だし、離婚に関しては夫婦の問題として2人で解決して欲しいと伝えましたが、それでも意見を求められることもあり一応話し合いには応じました。
離婚の原因は元々は父が母以外の人と本当の恋がしたいという想定外のものでしたが、母が応じるなら止められるものではないし、父は元々そういう夢みがちなところがあったし、父のある一言をきっかけに10年以上口を利かない時期もあったので大きく傷つきませんでした。
一方で母とはずっと仲も良く、時間が合えばお茶をしたり、在宅勤務になってから実家で雑談しながら仕事をしたりとかなりいい関係でした。
しかし、離婚の話になってから様子がおかしくなり、最近合計で80万円近くの借金をしていることがわかり、さらにその内20万円が自営業のお店のお金ということもあり、かなりショックを受けました。いっそ闇金から200万と言われた方がマシだったのでは?と思うほど、お店のお金ということが辛かったです。
1日は「あの時の美味しいご飯はこのお金だったのか」「あの旅行はここからお金を出していたのか」と楽しかった思い出が汚れていくようで悲しかったのですが、どう考えても私悪くない、と急に踏ん切りがつき、一気に気持ちが落ち着いてしまいました。
しかし、大事に育ててくれた母に対する気持ちが、こんなに一瞬で冷めていいものか。まるで私は人でなしではないかとも思われて、どう整理したらいいものかわかりません。
(今思うと、父はこのことを知っていて、離婚を切り出したのかもしれません。)

こんなにすぐ割り切ろうとする私は冷たいのでしょうか。そして冷たいことは悪いことでしょうか。

(リボちゃん 31歳 女性)

ぼくも合理的に考えてさっさと割り切ってしまうタイプなので、冷たい人間っていわれることもあるんですけど、あくまでぼくからすれば、あなたが冷たい人間だとはおもわないですよ。それに、映画やドラマに出てくるような、熱い人間が情熱で物事を解決する話のほうが世間的にはウケもいいのだろうけど、冷たい人間がダメってわけでもないとおもいます。

ぼくがあなたと同じ立場でも、やっぱり両親の離婚には反対しないでしょうね。親だからって、成人した子どもの結婚に対する決定権はありませんよね。親の離婚も、子どもにはなんの決定権もありません。大人なんだから二人で解決してくださいよ、ってぼくは考えるとおもいます。

ただ、もしもぼくが「お父さんの友達」という立場で、お父さんと焼き鳥屋でお酒を飲みながら「本当の恋がしたいんだよね」と夢みがちな離婚の相談をされたら。言葉の裏に並々ならぬおもいがあるのかもしれないけど、やっぱり「夢を見過ぎだよ」って応えるとおもいます。

離婚自体には反対しないけど、その先で本当の恋ができるかどうかはかなり疑問を持ちます。あなたのお父さんがどんな人か知らないけど、映画やドラマに出てくるような情熱たっぷりの恋を求める年齢ではないのではないかな。それよりも、介護などを見据えた冷静な恋を勧めるとおもうんですよね。

だからお父さんの友達のぼくは、お父さんの熱い夢に冷や水を浴びせてしまうとおもいます。きっと冷たい人間っていわれるんだろうな。とりあえず、そのときの焼き鳥代はぼくが出しますよ。焼き鳥代ぐらいじゃ冷たい人間とおもわれたままかもしれませんが。

ところで、ぼくもたまに借金の相談を受けます。ウェブ上では知らない人から人生相談をされているんですが、リアルな人間関係では借金の相談をされることがあります。

借金って、ぼくの感覚では、家族に隠したい話だとおもうんです。借金がばれて離婚したなんて話を聞きますよね。親の借金で、ある日突然家が差し押さえられたとか。恋人に借金がばれて結婚できなくなった、なんて話もありそうです。

借金って、近い関係の人ほど不利益がおきる可能性があるんですよ。だから家族ではなく、家族にばれないよう友達とかに相談しようとするんでしょうね。実際、ぼくに借金の相談をする人はそういう人が多いです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載の書籍化、第二弾です。

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gibbous_leo ▶️ 金の話に親も子もない、と思わないとアブナイですから……😑 (やや経験者は語る) 6ヶ月前 replyretweetfavorite

yoshinon 非常に有意義な回答だと思う。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

mi84118035 全くもってその通り。 そうしてあげて。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

Saiyo64165036 的確なアドバイスすぎる。 6ヶ月前 replyretweetfavorite