佐々木宏の「オリンピッグ」を許そうとする雰囲気

東京オリンピック・パラリンピックの開会式で演出を統括する佐々木宏が、渡辺直美に“豚を演じさせる”というプランを提案していたことが発覚、辞任を発表しました。この問題について武田砂鉄さんが考えます。

増田明美「告げ口文化」

21日にNHKで放送された討論番組『令和未来会議 あなたはどう考える?東京オリンピック・パラリンピック』で、スポーツジャーナリストの増田明美が、東京五輪開会式の総合統括・佐々木宏が辞任するに至った一連の流れについて、「告げ口文化。嫌い」と強い口調で断じた。増田のマラソン解説の特徴である、目の前の状態を事細かに見つめようとする視座が一切欠けていた。あまりに乱暴なまとめではないか。

「週刊文春」に掲載された、渡辺直美をブタに見立てた差別的な演出プランについて報じるワイドショーをいくつもチェックした。司会者やコメンテーターの多くが、確かに問題だとは思うんだけど……と前置きした上で、早速その前置きを踏んづけながら、1年前の内部でのやり取りが今頃明らかになったことを問題視し、「この発言が表に出されるのは意図的なことを感じるし、全面的に乗って糾弾するのは気持ちが悪い」(八代英輝弁護士・18日『ひるおび!』TBS系)などと、議論をずらそうとした。

内部告発やハラスメントの告発には時間がかかる

「週刊文春」のスクープ記事は、記事の一部が無料公開され、有料記事や雑誌購入を促すようになっているが、コメンテーターとして意見を述べる立場ならば、少なくとも記事全体を読み通しておくべき。今件は、表に出るはずじゃなかったやりとりが内部から流出した、で終わる事案ではない。開会式演出の執行責任者に選ばれたMIKIKOは、過度なストレスにより突発性難聴との診断を受け、演出チームの一人で障がい者パフォーマンスイベントを手がけるディレクター・栗栖良依は、プレゼン直前に佐々木から資料が送られてくるだけで、「障がい者も賛同した」と強調するために利用された、と嘆いていたとある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんが選考を担当。災間ニッポンを稀代のコラムニスト10年分のツイートで読み解く。

災間の唄

小田嶋 隆
サイゾー
2020-10-22

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

r5GLmycFvSWdNy8 無料面しか見てないけど. https://t.co/zefyhZvjzS https://t.co/sIs1qRPQXe 22日前 replyretweetfavorite

151natsumi2 https://t.co/dqVWwn46dx 23日前 replyretweetfavorite

heartfulmachine 佐々木氏のクソムーブとは別に、内部情報が漏れてるのは問題でしょ。 24日前 replyretweetfavorite

1952r_s キレてます! 賛意❗️ https://t.co/5JdQV885CO 24日前 replyretweetfavorite