成績が落ちたとしても、安易に転塾しない

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第5章 中学受験対策

【教育方針】 成績が落ちたとしても、安易に転塾しない

「この先生ならきっと間違いないだろう。安心して子どもたちを任せられる」
そう判断して自分が選んだ塾は、簡単に批判したり否定しないことです。実際に通っているのは子どもですから、その塾を親に批判されると、子どものモチベーションを下げることにもつながります。また、どんなに評判のいい他塾の情報が耳に入ってきても振り回されずに、自分が選んだ塾を信じていれば、子どもも「お母さんが選んでくれたこの塾で、目標を達成できるはずだ!」と自信を持てます。

子どもを転塾させて、先生やクラスメイトがガラッと変わる慣れない環境で勉強を再スタートさせると、それだけで本人の精神的な負担が増えます。
5、6年生の勉強はただでさえ覚えることも多く勉強量も増えるので、その他の余計なことで不安や心配事を増やすのはマイナスにしかなりません。
どこの塾に行っても、成績の波はあります。塾の先生はひとりひとりの子どもの才能を劇的に伸ばす魔法使いではありません。

一番、努力しなければいけないのは本人で、その本人のやる気を引き出すのは親の役目です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mihomama_story 【#cakes 連載第35回目 ‼︎】 ✒️ 第35回目は、 『』 です。 〜第5章 中学受験対策〜 是非ご覧ください😊 https://t.co/2jol9ERJD6 #たかせみほ… https://t.co/aEaCcWApVw 6ヶ月前 replyretweetfavorite