​保育園卒園は子育ての第1章の終わり!?

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装が趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた……。今回は、この春に次女が小学生になるのを機に、ふたりの子どもたちの保育園生活を仙田さんが振り返ります。

魔女さんと過ごした保育園最後の1年


photo by ちゃぁみい on photo AC

この春に次女は保育園を卒園して、小学1年生になる。
年長組の後半には、運動会で1メートルほどの高さの段のある竹馬に乗り、お泊りキャンプに行き、生活発表会で芝居や楽器演奏を頑張った。
2月からは保育園の玄関に年長組のスケジュールが週単位で貼りだされて、「そつえんまであと〇〇日」と書かれた数字が日に日に減っていった。

3月に入るとお別れ遠足に行き、年長組の子どもたちの好きなメニューが保育園の1ヶ月間の献立になった。
制作帳とロッカーの荷物を持ち帰り、後は卒園式を待つばかりとなった。

卒園式には「魔女さん」も招待されていて、子どもたちは楽しみにしている。
魔女さんは、子どもたちの通う保育園では、年長組になると現れる。
行事があるたびに、「いつもみまもっているよ」という言葉で始まる魔女さんからの手紙が届き、「ぱわーあっぷのきのみ」や「やさしいきもちになれるホウキ」などの贈り物がひとりひとりの子どもたちに配られる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
女装パパが「ママ」をしながら、家族と愛と性について考えてみた。

仙田学

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた。仕事と家事・育児に追われる日々、保育園や学校・ママ友との付き合い、尽きることのな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sendamanabu cakesの連載。今回は、この春に次女が保育園を卒園して小学生になるのをきっかけに、ふたりの子どもたちの保育園時代を振り返りました。 https://t.co/1ABNh6gPzD 26日前 replyretweetfavorite

MaxHeart24 → 保育園卒園は子育ての第1章の終わり!?|仙田学 @sendamanabu | 26日前 replyretweetfavorite