東京電脳探偵団

第3回 Scene01

探偵の仕事がうまくいかないレン。双子の妹リンは、そんなレンを容赦なく“口撃”! レンはどうする…?
人気ボーカロイド楽曲のノベライズ『東京電脳探偵団』の一部を公開します。



『東京電脳探偵団』はこちらから聴けます♪

 確かに依頼は来なかった。依頼人が訪ねてくることもなければ電話の一本も鳴らない。
 レンは探偵事務所を開くにあたって、嬉々としてポスターをコピーして街中に貼ったものだ。
〝企業信用調査、素行、浮気調査、人探し、買い物代行、引越し手伝い、部屋の掃除、草むしり、なんでもやります!〟
 後半は探偵というより便利屋だが、とにかく金がもらえるならなんだってやらなければ、というレンの覚悟の現れなのだ。

「じゃあ、あたしがひとつ、レンくんにお仕事を依頼しちゃおっかなー」
「えっ」
 リンはテーブルの上に転がっている個別包装の一口チョコをつまむと、親指でピーンと弾いた。チョコは一直線にレンの方へ飛んでいって、彼の右手の中に収まった。
「ハイこの部屋掃除してー。今すぐー」
 一瞬でも期待してしまった自分がとても惨めに思えた。
「そんなの自分でやれよー。てかチョコ一個て安すぎだろ」
「えー仕事選り好みですかー? ちょっと覚悟が足りなくなーい? なんでもやるってポスターに書いてたじゃーん」
「そりゃ書いたけどさ……」
「給料払うんだからいーじゃん、チョコ建てだけど。なんならもう一個ほら」
 リンは二個目のチョコをレンに投げた。
「なんだよ。結局いっつも俺ばっかり掃除してんじゃねーかよ」
 ぶつくさ言いつつもレンは取り落としたチョコを拾う。
「他に取り柄ないんだから、掃除くらいして役に立ってー」
 言いながらリンはお菓子の包み紙をポイポイ床に放つ。
「さっさと始めないとどんどんゴミを散らかしちゃうわよ、あたしが」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
東京電脳探偵団

MONQ /PolyphonicBranch /石沢克宜

「こちらは、東京電脳探偵団。報酬次第で危ない仕事も請け負います。」 初音ミク、鏡音リン、レン、巡音ルカ、KAITO、MEIKO……人気ボカロキャラが織り成す人気ボーカロイド楽曲『東京電脳探偵団』のノベライズ。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません