​あいつも偉くなったなあ

今回の「ワイングラスのむこう側」は、「あいつも偉くなったなあ」問題について考えます。特に意味のない言葉なのに、口に出すとなぜかマウントを取れた気持ちになってしまうこのセリフ。あなたは言っていませんか?

有名人の知り合いを自慢する人にとって定番のセリフ

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕、31歳の娘がいまして、お正月明けに娘が年賀状を見ながら、「あの人から来た、あの人から来なかった」とか色々言ってたんですね。

自分の経験からすると、31歳くらいのころって、知人友達のステージがどんどん変わっていく時期だと思っていて、疎遠になったり逆に親しくなったりする頃なんだと思います。それで、まあ大人のアドバイスとして、「人間関係って流動的だよ」と声をかけてみたんです。

この連載でも何度か書いていますが、僕は「人間関係は固定されてしまうのが一番苦しい」と思っているんですね。学校の中の閉じた教室、どうしても嫌な上司がいる職場、血の繋がりに縛られる親子や親戚、とにかく「この人間関係が永遠に続くのではないか?」と思うと苦しくなってしまうんです。

だから、「そこからいつでも逃げ出せるんだよ。他の場所にあなたを迎え入れてくれるところがあるよ」ってことを、なるべく伝えたいと思っています。もしどうしようもなく辛いなら、逃げ出した方が楽です。人間関係って流動的です。

ところで、その固定された人間関係から抜け出すだけならいいんですが、例えば出世して栄転したり、いい会社に転職したり、本が大ヒットしたり、メディアに出て有名になったりすると、必ずそれまで近くにいた人はこう言います。

「あいつも偉くなったなあ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載の書籍化、第二弾です!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sousou37788624 自戒を込めて仰っているところが大人です😽 あいつも偉くなったなあ|林伸次 @bar_bossa | 29日前 replyretweetfavorite

KeiNishikawa3 あいつも偉くなったなあ| 29日前 replyretweetfavorite

keizin0309 あいつも偉くなったなあ|林伸次 @bar_bossa | 30日前 replyretweetfavorite

i_risho https://t.co/nIUDzDVvGx 私は逆に言わないタイプ 悔しすぎて見なかったことにするタイプ まあ今は誰もが自分より凄いと思って暮らしてます ニートなので 30日前 replyretweetfavorite