東京電脳探偵団

第2回 Scene01

3年前の地震と津波によって荒廃した[東京]第24ベイエリア街区の一角で、ミクと双子のリン、レンは貧しいながらも支えあいながら暮らしている。生活のために探偵業を始めたレンだが…。
人気ボーカロイド楽曲のノベライズ『東京電脳探偵団』の一部を公開します。



『東京電脳探偵団』はこちらから聴けます♪

 

「違うね。ぜんぜん違うよ」
 三段重ねの鏡餅に蜜柑を乗っけたような体型のオバチャンは、体に見合ったデカイ目をギョロつかせてレンの抱えた猫を一瞥(いちべつ)するなり、にべもなく言った。
「あんた、ちゃんと写真見たんだろうねえ? うちのショコラちゃんはね、もっと品のいい顔してるし、こんなに毛並み悪くないんだよ。しっかしよくもまあこんな似ても似つかない薄汚い猫を連れてきたもんだね」

 アパートのドアを半開きで応対しているオバチャンは、不機嫌そうにタバコの煙を両の鼻の穴から勢い良く噴き出した。ケーキの名前のついた猫なんてよくいるし、女の人の一人暮らしなんて別に珍しくないが、一人暮らしで飼い猫にスイーツの名前をつけるような女は終わってる、と誰かが言っていたのを思い出す。それくらいこのオバチャンの物言いも態度も見た目も、まさに終わってる感じだった。

 そんな風に考えていることはおくびにも出さず、レンは眉をハの字に寄せた上目遣いでオバチャンを見ている。まだ身長の伸びきっていない彼は、大柄なオバチャンを見上げる形だ。厚化粧でも隠せない吹き出物だらけのオバチャンの顔は、オレンジ系のチークを塗りたくってるせいもあってか本当に蜜柑のようだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
東京電脳探偵団

MONQ /PolyphonicBranch /石沢克宜

「こちらは、東京電脳探偵団。報酬次第で危ない仕事も請け負います。」 初音ミク、鏡音リン、レン、巡音ルカ、KAITO、MEIKO……人気ボカロキャラが織り成す人気ボーカロイド楽曲『東京電脳探偵団』のノベライズ。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません