V6の運動神経

今年11月1日で森田剛がジャニーズ事務所を退所し、所属するV6は解散することが発表されました。今回の「ワダアキ考」は、V6といえば、と思う人も多そうなあの番組を中心に考えていきます。

「未成年の主張」での動き

あと1年半ほどで40歳になろうとしている自分にとって、全員が40代のV6は、少し年上のアイドルに位置付けてきた存在である。彼らがデビュー会見を開いたのが1995年9月のこと。自分が中学校に入学してすぐの時期にあたる。昨日観たテレビや、最近発売されたCDの話題が、とても素直に話題の中心となっていた時期に、V6の飛躍が重なっていた。

V6について、議論すべき点が無数に生まれるので、ここでは、彼らの運動神経についてのみに絞りたい。1997年から、バラエティ番組『学校へ行こう!』(TBS系)が始まる。2008年まで続いたこの番組の名物コーナーといえば、学校の屋上に生徒が立ち、校庭に並んだ生徒や先生たちに向けてスピーチする「未成年の主張」である。好きな人に告白したり、先生への苦言をぶつけたりするのだが、印象的なスピーチが終わった後、近くでモニター越しに観ていたメンバーが体を反転させ、生徒に向けてダッシュをする。その反射神経というのか、無駄のない動きを見て、「めちゃくちゃ速いな」と思っていた。

カミセンもトニセンも俊敏

今こうして、それなりに年を重ね、特にスポーツをやっているわけでもない場合、体を瞬時に動かす動作って、ほとんどしなくなる。モノを落としそうになった時、走れば電車に間に合うかもしれない時、整理番号順に入場したライブハウスで少しでも良い場所を確保しようと早歩きで向かう時くらいのものだ。そのそれぞれで自分の身体の衰えを感じるが、一旦そう感じた後で、「果たして、若かった頃、身体は俊敏だったのか」という問いが浮かぶ。答えはすぐに出る。身体が俊敏だったことなど、これまで一度もないのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんが選考を担当。災間ニッポンを稀代のコラムニスト10年分のツイートで読み解く。

災間の唄

小田嶋 隆
サイゾー
2020-10-22

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mippiy_4nn 静止状態からの反転ダッシュ お褒めの言葉をありがとうございます🙏 6ヶ月前 replyretweetfavorite

_moni_monica_ 自分たちの世代がずっと見続けてきた「静止状態からの反転ダッシュ」うん、泣ける。 |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 https://t.co/DkbcHHUePg 6ヶ月前 replyretweetfavorite