血液型と占いの話が始まると不機嫌になる人(夫)

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!
血液型って性格判断には定番のネタですね。B型やAB型の人は、世の中の勝手なイメージで、イラっとしたことも少なくないはず。科学的根拠はないと言いますが、この話題が好きな人は多いのかもしれません。

人が集まった時なんかに、

「何型?」

といきなり血液型を聞いて、

「あ、やっぱり!?そうだと思ったー!」

とかって言う人、いますよね。

私ははっきり言ってこういうタイプ(特に男性)は苦手です。

血液型って4つしかないのに人類の性格をその4つにカテゴライズしてしまうなんてナンセンスだと思うからです。

A型・・・神経質で真面目

B型・・・マイペースで楽天的

O型・・・現実的で単純

AB型・・・複雑な性格でクール

一般的によく言われているイメージとしてはこんな感じでしょうか・・・。

でも私は、A型だけど大雑把な人もB型だけど神経質な人も知っています。

ちなみに私はAB型です。

そう言うと、

「えー、意外〜!」と言われることも「やっぱりね!」と言われることもあり、ぶっちゃけどちらもちょっとイラッとします。

それは AB型が、「最も嫌われる血液型だから」(同じくAB型の友人曰く)です。

「ちょっと変わってるね。」くらいならまだ良しとして、血液型だけで「変人扱い」されるのはちょっと納得がいかないです。

たまたま生まれ落ちた時にいただいた血液のタイプでそこまで人間を判断されるのはおかしくないでしょうか?!

私は自分でも「ちょっと変わっている」と自覚はしておりますが、それが血液型のせいだとは思いません。

性格なんて、生まれた後の、人生の過ごし方、環境によっていくらでも変化するものです。

前述の友人は「言うと嫌われるから血液型は言わないようにしている」とまで言っていました・・・何があったん?!

まぁ心理学と同じで統計学であるという観点からみると、一部合う部分もあるでしょうし、あまり共通の話題がないような集まりでは血液型に詳しい人がいると重宝する時もありますが・・・そんな場面でもその話題自体全否定するのが夫です。

私以上にその話題に対して「嫌悪感」とも言えるような感情を持っていて、あまり知らない人に対しても

「はぁ?」

と言うのではないかという勢いです。
ちなみに夫はAB型ではありません。


この傾向は「占い系」の話題でも全く同じです。

占いは種類がめっちゃありますよね。

星座、手相、四柱推命、タロット、風水、オーラソーマ・・・聞いただけではよくわからないものもあります。

夫はそれをまた「全否定」します。

そういうことをテーマにした番組などをうっかり見せてしまった時には占い師の方に対して

「そんなもん、なんとでも言えるがな。」やら

「情報調べてきとんねやろ。」

などとテレビにツッコミます。

私は、子供の頃や20代くらいまでは、少女漫画雑誌やファッション誌の最後の方に必ずついている星占いには目を通していましたが、これまたこんな夫と四半世紀一緒にいてしまうと、そんなことで一喜一憂していた自分が馬鹿らしくさえなってきてしまい、最近はそういうページが今も存在するのかの確認すらしておりません。

私は24歳で結婚しましたので、20代の頃から夫が人生に関わっておりますが、その頃は私と同世代の友人達が、

「九州にすごく当たる占い師さんがいるらしいから行ってこようと思う。」とか

「ここで判子を作ってもらえば、それを押すたびに幸せになるらしい。」とか

言ってましたが、横に夫がいたら必ず

「そんなことより違うことにお金を使いなさい。」

と、父親のように言っていました。(歳の差12歳夫婦)

「ごめんね、この人、そういうの、全く信じてないのよ、気にしないでね。」

と私はその都度フォローしていたような・・・。

そんな努力も虚しく夫は更に

「人生は、自分で切り開くものだから!」(「あなたが、好きだから!」くらいの勢いで)

などと低め響く声で、元も子もなくなることを言っていました。

確かにそうやけれども・・・なんかに頼りたくなることってあるんちゃう?と思いつつ、これ以上言うとより一層腹式呼吸の大っきい声で何か言われそうな気がして黙っていました・・・。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

生瀬陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の生瀬陽子さん(モデル名は堀本陽子さん)。最近では、ヨガウェアをプロデュースしてTVで販売するなど、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな飾らず自然体の陽子さんの日常や、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yokonama280 今週のエッセイ公開されました↓ #気軽に読めるエッセイ #占いを信じない人 #催眠術を信じない人 7ヶ月前 replyretweetfavorite