あの頃、利根川の土手にはたくさんの牛がいた

信じられないくらいたくさんの草を食べる牛・うしもー。利根川の土手に草を食べさせに行くのが祖父の日課だったのですが、当時の利根川沿いには同じような牛飼いがたくさんいたそうです。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chibicoo このシリーズ好きでよく読んでるけど、利根川近くの話だったんだ...土葬の話とかもあってもっと遠い地方のことかと... : 1年以上前 replyretweetfavorite

aida_senko うしもー、しっかり名前になっているのでお別れ悲しそうだ。 1年以上前 replyretweetfavorite

granat_san 連れてきた牛がいっぱい。これは全く想像してなかった。みんなそんなに飼ってたのか。 1年以上前 replyretweetfavorite

delilah_nya ミステリーサークル!!! 1年以上前 replyretweetfavorite