恋愛はどうすれば上手になるのか?

文章も恋愛も、生まれつきの能力で上手い下手が分かれるという林伸次さん。ではその能力を伸ばす方法はないのでしょうか?

読書量だけでは文章は上手くならない

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

新しい作家がデビューするとレビューサイトに、「この人、あんまり本を読んでないんだろう。表現が薄っぺらい」というコメントがつくのはご存じでしょうか。この、「たくさん本を読んだ方が、素晴らしい文章が書けるようになるはず」という信仰は根強くあります。小学校なんかで先生にもよく言われましたよね。

僕もずっと「そりゃそうだ。たくさん本を読んだ方が良い。その方が良い文章が書けるようになる」と思ってたんですね。これは自分で書き始めてみて「間違い」だと気づきました。

もちろん「ある程度までの読書」というのは必要です。でも、世界文学や古典、最新の文学、ありとあらゆる本をただたくさん読んだからといって、決して文章や表現は上手くはならないです。

もし、ありとあらゆる文学を読み尽くした人が、素晴らしい文章を書くのなら、大学で文学を研究している人や、文芸評論家の人たちこそが、すばらしい文学作品を書けるということになってしまいます。もちろん、自分でも素晴らしい作品を書いた評論家の方や、大学時代に文学部で研究してから作家になった方もいますが、作家の大多数はそういう人ではありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載の書籍化、第二弾です。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yagicowcow 自分のことですが。 受験勉強より、今、書いています。 恋愛、男子校出身です(笑)。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

AizuLover 本を読む時間は、じぶんと向き合い考える時間なのだと思っています。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

bar_bossa たくさん本を読んだ方が、素晴らしい文章が書けるようになるというのは本当でしょうか? 約1ヶ月前 replyretweetfavorite