メルカリで最も売買されている洋服がユニクロである理由

フリマアプリ「メルカリ」で一番売買されている洋服が実はユニクロなのをご存知でしょうか? ある一定以上の世代にとっては量産される安価な衣料品というイメージがあるユニクロが、フリマアプリで取引される理由はいったいなんなんでしょうか。

「MBのおしゃれ人生相談」では質問を募集しております。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。Q&Aは毎週更新されるMBさんのnote内でも人気のコーナー、そちらもあわせてぜひ購読してください。

ペンネーム:アップルりんご
いつも勉強させていただいております。

1つ疑問に思っていることがあります。

以前にメルカリなどのフリマサイトで1番取引されているブランドはユニクロだと聞いたことがあります。実際、私もよく売りますし買います。

最近はユニクロ以外にもいわゆるセレクトショップの服なんかもフリマサイトで買うのですが、セレクトショップの定価20000円のコートなんかがほぼ未使用で8000円ぐらいで売られているのを見かけます。こうなるとユニクロよりも安く買えるものも出てきますし、高いものを安く買えたという幸福感みたいのもあります。

それでもなぜ、フリマサイトではユニクロの服の方が取引が多いものなんでしょうか?

リアル店舗の古着屋では、ユニクロが並んでいるのはあまり見かけませんのに、ネットのフリマサイトにおいてユニクロがこれだけ取引されている要因をMBさんの私見がありましたらお聞かせください。

ありがとうございます。

2018年最も取引数の多かったブランドは?メルカリのトレンドをチェック♪ − メルカリからのお知らせ

メルカリは取引ブランドやその数を時々公表していますが、売る方も買う方もユニクロが圧倒的だそうな。以前メルカリのイベントに出演させて頂いた際にも関係者から伺いましたが、その数は段違いだそうです。

ユニクロをわざわざ古着で……?と質問者さんのように疑問を感じる人もおられると思いますが、ここにはいくつか理由があります。

ユニクロの流通量

まず1つは当たり前ですが、流通量の多さです。「国民服」とも言われるほど日本人に浸透しているユニクロ。その流通量は半端じゃありません。1型の生産数が1億枚なんて品番もあるくらい驚異的な数が市場に出回っているので、メルカリなどのセカンドハンド市場にも当然流れ込んでくるのでしょう。

ユニクロのブランド化戦略は2009年頃から始まった

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
MBのおしゃれ人生相談

MB

ファッションバイヤー・MBさんの大人気メルマガ「最も早くオシャレになる方法」の出張版、MBさんによる人生相談連載がcakesでスタートします! ファッションに関するお悩みはもちろん、恋愛や仕事や人間関係の悩み、MBさんに聞いてみたいこ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0818enatter ピンと来ない世代なんだけど、そういうことかーってなってる https://t.co/UudmBVpDtj https://t.co/XuTjBOTQw6 約2ヶ月前 replyretweetfavorite