​面倒くさい人だと思われたくない

自分の感覚やこだわりは、なかなか他人に理解されないものです。今回は、それを他人に押し付けることで生じる「面倒くさい人」問題について。林伸次さんは果たして面倒くさい人なのでしょうか?

もしかして自分、面倒くさい人になっているかも

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、ある方から聞いたお話です。

「林さん、今、仕事でやり取りしている人が、御社とか弊社とかっていう言葉が嫌いなんです。そういうビジネス用語を使うと、『そういうのやめましょうよ。あと、メールの最初の、いつもお世話になっておりますもやめましょうよ』って言うんです。そういう堅苦しいのはやめようっていうのはわかるんですけど、メールを書くときに、『あ、そうだ。この人、弊社って言葉使ったら嫌がるんだ』って書き直すのも大変なんですよね」

こういうのを聞いて、あなたは「そうそう。そういう面倒くさい人いるよね」と感じますか? 僕は正直、「あれ? 自分、面倒くさい人になってないかな? 大丈夫かな?」って思いました。

僕、比較的、神経質じゃない方なんですね。というか、ほとんどのことが、どうでもいいし、いいかげんなんです。でも最近、どうも年をとったからなのか、なんか面倒くさいことを言っているような気がして不安なんですね。

例えば、「飲食店で『オススメは何ですか?』って聞くのは、そんなにオススメできない」っていう文章を書いたことがあるんですが、それを読んだお客様から、「あ、そうだ。林さんに『オススメは?』って聞いちゃいけないんだった」って言われたんです。それで、「ああ、もしかして自分、面倒くさい人って思われているかも」って思い始めたんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載の書籍化、第二弾です。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

s_minamino 面倒くさい人だと思われたくない|林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 気をつけよう… https://t.co/Ipby1TVosC 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

chinamey 噛み合わない人と話すとものすごい勢いで体力奪われる気がしますね。自分はやんわりさ離れるようにしてます( ´Д`) 面倒くさい人だと思われたくない|林伸次 @bar_bossa | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

Zep0814Taniyan https://t.co/RYpB01qaBv ワイ=めんどくさい あと 営業力は 誠実さと 聴く力 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

bar_bossa あなたは職場や友達から、「この人、なんか面倒くさいなあ」と思われてませんか? 僕、それがすごく不安でして。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite