塾選びの基準

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第5章 中学受験対策

【環境づくり】 塾選びの基準は「子どもが疲れない」

中学受験塾を選ぶ条件はいろいろあります。規模の大きさ、合格実績、授業料など優先事項は家庭によって異なるかもしれませんが、我が家が最優先したのは自宅からの近さと授業料の安さでした。

自宅から近い塾にこだわったのは、私が働いていて送迎ができなかったのと、移動時間のムダを減らして少しでも子どものスケジュールに余裕を持たせたかったからです。電車やバスでの移動時間が増えると、それだけ食事や睡眠の時間にしわ寄せがきます。人混みの中を移動すると本人の疲れも増すので、いいことは何もありません。

それよりも、塾が終わったらパッと帰って、サッとお風呂に入り、30分後には夕食を食べられる。そんな生活リズムのほうが本人の負担も少なく効率的です。
受験は本番まで長期戦になるので、なるべく子どもを疲れさせない工夫をするのも、親にできる大事なことです。

また、授業料が良心的で、できれば支払い方法についても相談できるところがいいと思っていました。
この2つの条件を満たしたのが、シグマ進学教室(神奈川県川崎市)でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mihomama_story 【#cakes 連載第34回目 ‼︎】 ✒️ 第34回目は、『』です。 〜第5章 中学受験対策〜 是非ご覧ください😊 https://t.co/O5RxqKiAaK #たかせみほ #中学受験 # 24日前 replyretweetfavorite