第319回 ふれあう三角関数:タンジェントと語り合う(前編)

タンジェントをめぐる積分を学んでいくうちに……「ふれあう三角関数」シーズン、何が見つかるかな?

結城浩『再発見の発想法』好評発売中!

再発見の発想法

『再発見の発想法』をアマゾンで見る

登場人物紹介

:数学が好きな高校生。

テトラちゃんの後輩。 好奇心旺盛で根気強い《元気少女》。言葉が大好き。

ミルカさん:数学が好きな高校生。 のクラスメート。長い黒髪の《饒舌才媛》。

$ \newcommand{\ABS}[1]{\left|\mathstrut #1\right|} \newcommand{\KAKUDO}[1]{#1^\circ} \newcommand{\TT}[1]{\textrm{#1}} \newcommand{\ANGLE}[1]{\angle\textrm{#1}} \newcommand{\TRI}[1]{\triangle\textrm{#1}} \newcommand{\HIRANO}{\unicode[sans-serif,STIXGeneral]{x306E}} \newcommand{\SQRT}[1]{\sqrt{\mathstrut #1}} \newcommand{\TRUE}{\textbf{true}} \newcommand{\FALSE}{\textbf{false}} \newcommand{\FOCUS}[1]{\fbox{$#1$}} \newcommand{\GEQ}{\geqq} \newcommand{\LEQ}{\leqq} \newcommand{\NEQ}{\neq} \newcommand{\TRIANGLE}{\triangle} \newcommand{\REMTEXT}[1]{\textbf{#1}} \newcommand{\PS}[1]{\left(#1\right)} \newcommand{\SET}[1]{\{\,#1\,\}} \newcommand{\SETM}{\,|\,} \newcommand{\EMPTYSET}{\{\,\}} \newcommand{\REAL}{\mathbb R} \newcommand{\ZEE}{\mathbb Z} $

置換積分の公式

置換積分の公式

  • 関数$f(x)$は$a$と$b$のあいだで連続とする。
  • 関数$g(\theta)$は$\alpha$と$\beta$のあいだで単調かつ微分可能とする。
  • $a = g(\alpha)$とする。
  • $b = g(\beta)$とする。
  • 関数$g(\theta)$を$\theta$で微分した導関数を$g'(\theta)$とする。
  • 関数$g'(\theta)$は$\alpha$と$\beta$のあいだで連続とする。
このとき、以下が成り立つ。 $$ \int_a^b f(x)\,dx = \int_\alpha^\beta f(g(\theta))\cdot g'(\theta)\,d\theta $$

合成関数の微分を使って置換積分の証明はできたけれど、テトラちゃんは、まだいま一つ納得していないようだ。

テトラ「いえ、あたしは理解はしていますし、納得もしているつもりです」

「うん、でも?」

テトラ「はい、でも……確かに、あたしは、本当には納得していませんね。それは、きっとこの「例題」と《お友達》になっていないからだと思います」

$$ \int_0^1 \frac{1}{1 + x^2} dx = \frac{\pi}{4} $$

ミルカ「しかし、計算そのものは追えていたはずだな」

テトラ「そうですね……でも、その計算の一歩目に引っかかるんです。つまり、$$ x = \tan\theta $$ のように置く点です。あたし、そんなことは絶対気づけないと思うんです。 だって、とてもよく似ている、 $$ \int_1^2 \frac{1}{x^2} dx $$ の場合には$x = \tan\theta$なんて置かないじゃないですか。だとしたら、その違いはどこにあるのでしょうか」

「《式の形》かなあ」

ミルカ「《式の形》だな」

テトラ「式の……形?」

「うん。$1 + x^2$という式をみたら、$\tan\theta$を連想するから」

テトラ「え、えええっ……」

ミルカ「テトラが追っていた計算にその手がかりはある(第318回参照)。ここだ」

$$ \begin{align*} \int_0^1 \frac{1}{1 + x^2} dx &= \int_0^{\pi/4} \frac{1}{1 + \tan^2\theta}\cdot\frac{dx}{d\theta}\, d\theta \\ &= \int_0^{\pi/4} \frac{1}{1 + \tan^2\theta}\cdot (1 + \tan^2\theta)\,d\theta \\ &= \cdots \end{align*} $$

テトラ「これが……?」

「$\tan\theta$そのものというよりも、その導関数が鍵だね。つまり、$$ \frac{d}{d\theta}\tan\theta = 1 + \tan^2\theta $$ という形になっている」

テトラ「そうですが……」

「そして、どうしてその形がうれしいかというと、$$ \frac{1}{1 + \tan^2\theta} \cdot (1 + \tan^2\theta) $$ という積が1になって、積分が簡単になるから。そういう式の形に関心があるんだよね」

テトラ「ははあ、確かにそうですね!」

「$x = \tan\theta$と置くと$$ \frac{d}{d\theta}x = 1 + x^2 $$ になる。だから、$1+x^2$をみたら、$\tan\theta$が思い浮かぶんだと思うな」

テトラ「思い浮かぶ……」

ミルカ「要するに、次の微分方程式、$$ g'(\theta) = 1 + g(\theta)^2 $$ の解の一つ$g(\theta) = \tan\theta$を見つけていることにほかならない。それはさすがに《式の形》を見て誰でもすぐに思いつくというものではない。微分方程式の解法を学んだ後ならいざしらず」

テトラ「……」

「置換積分の公式に合わせて対応関係を見てみるとこうなっているよね」

テトラ「なるほど、そうですね」

「要するに、こういう対応だよね。$$ \begin{cases} f(x) &= \dfrac{1}{1 + x^2} \\ g(\theta) &= \tan\theta \end{cases} $$ ここで、$g(\theta)$を、$x(\theta)$と書いてみると、対応関係がもう少し明確になるよ。だって、 $$ \begin{cases} f(x) &= \dfrac{1}{1 + x^2} \\ x(\theta) &= \tan\theta \end{cases} $$ とするなら、 $$ \begin{cases} f(x) &= \dfrac{1}{1 + x^2} \\ x'(\theta) &= \,1 + x^2 \end{cases} $$ となるからね」

テトラ「$f(x)$の逆数になる。そんな導関数を持つ関数があればうれしくて……そして、たまたま$\tan\theta$がそれだったということなんですね」

「この例題の場合はそうだね。逆数じゃなくても置換した結果の積分する関数が簡単になればいいんだけど」

ミルカ《逆関数の導関数は、導関数の逆数》だから、こんなこともわかる。$\theta = \arctan x$は$x = \tan\theta$の逆関数。ただし$-\pi/2 < \theta < \pi/2$として考える」

$$ \frac{d}{dx}\arctan x = \frac{1}{1 + x^2} $$

テトラ「このグラフは?」

ミルカ「逆関数のグラフは、横軸と縦軸を交換して得られる。導関数が接線の傾きであることを考えれば《逆関数の導関数は、導関数の逆数》は理解できる」

テトラ「《逆関数の導関数は、導関数の逆数》というのは、なかなか……ややこしいですね」

ミルカ「ならば、こんなふうに整理すればいい。右に進んで下に進むことと、下に進んで右に進むことが同じという主張だ」

テトラ「ああ……なるほどですっ!」

「導関数を$\frac{dx}{d\theta}$のようにな形に書くライプニッツの表記法のすばらしいところだね!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
数学ガールの秘密ノート

結城浩

数学青春物語「数学ガール」の中高生たちが数学トークをする楽しい読み物です。中学生や高校生の数学を題材に、 数学のおもしろさと学ぶよろこびを味わいましょう。本シリーズはすでに14巻以上も書籍化されている大人気連載です。 (毎週金曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Lsdu2DalePerry 「いや、違う」 「ここまで来たならテトラ自身が例題を作れるはずだ」 今週のミルカさんの言葉である。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

ktmkn7 金曜なので結城浩さんの「 三角関数の逆関数を利用した置換積分の話。テトラちゃんが自分で例題を作るところが良い話だけど、今週のは高校生には難しそうな内容。二乗の和… https://t.co/igEyIrJ8HM 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

inaba_darkfox これ確か円の弧長の積分だっけ・・ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

hyuki 金曜日は『数学ガールの秘密ノート』の日。最新回は一週間無料で読めます。リツイートもお願いね。三角関数+微積分を楽しく学ぼう! https://t.co/3B5CWpoo4q #cakes連載 #数学 #三角関数 約1ヶ月前 replyretweetfavorite