タスク管理は、親と子に分けるとうまく回りだす

あなたの24時間はどこへ消えるのか――この連載では、仕事もプライベートも関係なく、今しかできないことをやる方法を伝授します。
今回のテーマは、タスク管理の4つのポイントその2。1月21日発売の『あなたの24時間はどこへ消えるのか』(SBクリエイティブ)からお届けします(毎週月・木曜日更新予定)。

2.タスクを親子で管理する

仕分け先が決まったら、さっそく最近抱えているタスクを洗い出してみましょう。「資料作成」「Webサイトの公開」「キッチンの整理」「温泉旅行の計画」などなど。公私を問わず、直近のタスクや取り組みたいことを一気に洗い出してみましょう。

そしてこのタスクを、1つひとつ親子に分解していきます。

今までのわたしのタスク管理の大きな落ち度の一つは、タスクを大きな単位で管理してしまっていたことでした。このままだと「何をもって資料作成が終わったと言えるのか」「その工程には何が必要か」が見えないままなので作業時間の見積もりを見誤ったり、何から手をつければいいのか分からずに腰が重くなったりと、問題点が山積みです。
なので、今は親子のように入れ子構造になっている状態でタスクを取り扱っています。親にはやりたいことの全体を指し示す「ラベル」を、子タスクには「何をすればこの親タスクは終わったと言えるのか」という完了条件を2〜4つほど書き出します。これは個々のタスクの解像度を上げ、見積もりをしやすくする下準備です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
あなたの24時間はどこへ消えるのか

スワン

「いつか時間ができたらやりたいんだよね」 あなたはこれまでの人生で何度、このセリフを口にしたでしょうか。 でも〝いつか〟なんて保障はされてないし、今やりたいことは「二度とやれないこと」になるかもしれない――。 この連載では...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hattatsuryoiku #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

rio_days_ 実に素晴らしい✨ TO DOも親子関係の入れ子構造として考える!すぐにでも実践できるいいアイデアだなぁ〜✨ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite