新幹線vs.エアライン#7】東京-札幌「4時間半」実現への難所

日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

どうなる鉄道貨物?
東京-札幌「4時間半」実現への難所 焦点は青函トンネルだ

 2030年度末の北海道新幹線・新函館北斗-札幌間の開業に合わせ、北海道と本州を結ぶ鉄道貨物輸送を船舶にシフトさせる議論がひそかに進んでいる。最悪の場合は、JR貨物が北海道から撤退する可能性もある。

 東京-札幌間の空路は年間900万人を運ぶ。その一部が新幹線に移ればJR北海道のメリットは大きいが、現行の東京-新函館北斗間の所要時間は約4時間で、新函館北斗-札幌間の所要時間は1時間程度。合計で5時間近くかかる。これでは新幹線開業後も航空機の優位は揺るぎそうにない。

 そこで、東京-札幌間を4時間半で結ぶための方法が検討されている。新幹線で約4時間半かかる東京-新山口間における新幹線と航空機の利用比率は約3対7。この数字を当てはめれば、東京-札幌間では約300万人の旅客が航空機から新幹線にシフトする。

 時間短縮の方策は2つある。まず、車両性能の向上だ。JR東日本は次世代試験車両「ALFA-X」を開発し、営業最高速度の引き上げに動き出した。また、盛岡以北の区間は法令上最高時速が260キロメートルに抑えられているが、国土交通省はそれを時速320キロメートルに引き上げることを検討中だ。

時間帯を区分して走行

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません