​川淵三郎の涙、森喜朗の涙

問題発言で東京五輪パラリンピック組織委員長を辞任した森喜朗の後任と報道されていた、元サッカー協会代表の川淵三郎。批判が集まると急遽会長就任が白紙に戻りました。国民を置き去りにしたこのドタバタ劇を、武田砂鉄さんはどのように見ているのでしょうか?

川淵三郎が手に持っていた本

玄関先で報道陣が待ち構えている自宅を出た川淵三郎は、止めてある車に駆け込んだのだが、その手には一冊の本が握られていた。録画しておいたニュース映像を一時停止し、テレビに近づいて確認してみると、西山隆行『格差と分断のアメリカ』という書籍だとわかる。その他の荷物はお付きの人があらかじめ運んだのか、車の中に必要なものが常備されているのか、川淵はとにかく本だけを持っていた。直前まで本を読んでいたのか、乗った瞬間から読みたいのか、その両方なのかはわからないが、なかなかの活字中毒者である点が、ほぼ唯一のシンパシーだった。移動する時に読む本がなくなったらどうしようと毎日考えている。

結果的に、川淵は東京オリンピック組織委員会の会長就任を辞退したが、11日午後に新会長就任報道が出て、川淵が引き受けるつもりでいると語った後、組織委員会から報道を打ち消す声明は出ていない。翌朝になって、まだ決まっていない、川淵は辞退するらしいとの流れに変わっていったが、辞任する森が川淵を指名するという閉鎖性への疑念が噴出したり、川淵のこれまでの言動が掘り起こされたりしたことが影響した。逆に言えば、組織委員会はそうなるまで、川淵でいける、と踏んでいたのではないか。

「泣かれたので、俺も泣いた」

11日の夜、再度、自宅前で取材を受けた川淵は、神妙な面持ちで、「(人に聞いたところによれば)森さんが、ともかく泣いておられたとかね」「つらい話をする時にも俺も感極まって、本当につらかったろうなと思って、涙が止まらなかった」と述べた。彼が泣いた、俺も泣いた、と告げる映像を見せられた時に、即座に「だから何だよ」と問える自分でありたいと強く思う。幸いにも、その思いは自分が思っていた以上に強かった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんが選考を担当。災間ニッポンを稀代のコラムニスト10年分のツイートで読み解く。

災間の唄

小田嶋 隆
サイゾー
2020-10-22

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

s_hakase 川淵三郎の涙、森喜朗の涙|武田砂鉄 @takedasatetsu | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

alpacadaisuki 川淵三郎の涙、森喜朗の涙| 4ヶ月前 replyretweetfavorite

joy703 https://t.co/nNeGD8yucu 4ヶ月前 replyretweetfavorite

untitledzoo 川淵三郎の涙、森喜朗の涙|武田砂鉄 @takedasatetsu | 4ヶ月前 replyretweetfavorite