まだやらなくて大丈夫…」がなくなる方法

ここは、カフェ「しくじり」。都会の喧騒を離れ、一見さんお断りの限られた客のみ入店できる会員制のカフェ。
このカフェでの通貨は「しくじり」。客がマスターにしくじり経験談を披露し、その内容に応じてマスターは客に飲み物や食べ物を振る舞う。 マスターの小鳥遊(たかなし)は注意欠如・多動症(ADHD)の傾向を持ち、過去にたくさんのしくじりを重ねてきた。しかし“ある工夫”で乗り越えてきたという不思議な経歴の持ち主。そんな過去の自分と似た「会員」のため、今日もカフェのカウンターに立つ。 そんな奇妙なカフェのお話。

(初回はこちら)(記事一覧はこちら

****

(カラン、コロン〜♪ カラン、コロン〜♪)

りんだ 「こんにちは〜」

小鳥遊 「おお、りんださん! 最近なかなかお見えにならなかったので心配していたところです。もうしくじってないんじゃないかと…」

りんだ 「小鳥遊さん、しくじってないならいいんじゃないですか(笑)」

小鳥遊 「あ、そうですね。失礼しました(笑)。て、今日はいらしたということは、なにかしくじりをお持ちいただいているということですね」

りんだ 「はい、その通りです。『もう少し仕事が早くならないかな?』とやんわり怒られてしまいまして…」

小鳥遊 「フムフム、なるほど。そのお話、じっくり聞かせていただきますね」

****

小鳥遊 「さて、今回はどんな感じだったのでしょうか?」

りんだ 「はい、先月リリースした当社の商品、人型コーヒーメーカー『即出し君』のチラシ印刷費用を立て替えたんです」

小鳥遊 「人型…コーヒー……メーカー?」

りんだ 「背中のフタをあけてコーヒー豆を入れて、お腹からお湯を注ぐとコーヒーを淹れてくれる優れものです!」

小鳥遊 「…淹れたコーヒーはどこから出てくるんですか?」

りんだ 「首の部分をつたって吸い上げられて、口から出てきます」

小鳥遊 「ずいぶんと個性的な仕様で……」

りんだ 「ミルクと砂糖は、耳から入れられるようになっています」

小鳥遊 「…か、買ったお客様はいるんですか?」

りんだ 「それが、なかなかいらっしゃらなくて…」

小鳥遊 「でしょうね」

りんだ 「えっ?」

小鳥遊 「あ、いえいえ! いや〜、せっかく開発したのに大変でしょうね〜」

りんだ 「そうなんですよ! だから、販促を頑張ろうと社内でチラシを作ったんです。会社近くの印刷屋さんで印刷して、その費用を私が立て替えたんです」

小鳥遊 「りんださん、仕事早いじゃないですか」

りんだ 「その後が遅かったんですよね…その立て替え費用の精算手続をすっかりサボっちゃって…」

小鳥遊 「フフフ。分かります。自分にお金が返ってくるだけだから、つい後回しにしてしまうんですよね」

りんだ 「そうなんです。でも、本来は会社の支出なんだから、同じ月内には申請してよね! って言われちゃって…せっかく頑張ったのにひどいと思いません?」

小鳥遊 「そう思うのも無理ないかもしれませんね。では、そんなりんださんに…」

りんだ 「おおっ、何をいただけるんですか?」

****

小鳥遊はうやうやしく一つの包みを差し出した。

小鳥遊 「そんなりんださんには、このコーヒーを」

りんだ 「ええと、実は即だし君開発のときにさんざん試飲してまして…」

小鳥遊 「フフフ。実はここだけの話、このコーヒーはとても高級で。事情があって今日だけお出しできるものなんです」

りんだ 「きょ、今日だけ?」

小鳥遊 「そうなんですが…そりゃコーヒーには飽き飽きしてますよね…」

りんだ 「やだな〜もう、言ってくれれば〜! 今日限りなんですよね。だったら飲みますって!」

小鳥遊 「よかったです。では、召し上がってください」

****

りんだ 「ありがとうございます。いい香りがして、味もとても良かったです」

小鳥遊 「こちらこそ。おいしいって飲んでくれるのは嬉しいものです」

りんだ 「ところで、今日の私のしくじりについてなんですが…」

小鳥遊 「ええ、すでにヒントは出しておりますよ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

要領のよさの実体はノウハウ。練習すれば、うまくなる

この連載について

初回を読む
カフェ「しくじり」へようこそ

小鳥遊 /りんだ

発達障害でありながら一般企業に勤める小鳥遊(たかなし)さんが、カフェのマスターに扮して仕事の悩みに答えるストーリー連載。「安心して仕事ができるようになる、安心して会社に行けるようになる」を目指す、世界でいちばん意識低い系のビジネス連載です!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません