婚活、結婚するなら性格の違う人が良い!?

身近過ぎて家族の心を察したり慮ったりすることを疎かにしていないだろうか。ここでは、知っておきたい心理学的側面からのコミュニケーション術を紹介する。(中編)

前編で取り上げた男女間にちょっとしたすれ違いが生じた際、意識してほしいのは心理学でいう「権力闘争」状態に突入しないことである。第2段階から第3段階へ(前編 下段 図3-3参照)は、越えてはいけない一線だ。夫婦間では「自分が上の立場になり楽になりたい」という心理が働き、「現実を理解していない」といった相手を見下す態度に出がちだ。そうなると相手も人格否定のような発言で応酬するため関係修復は困難になってくる。そのためにも、第2段階に突入したときは「対等な関係で」を胸に刻んでおこう。 それでも、話がこじれ第3段階に突入しそうになったら、「本当はどうしてほしいの」と聞いてみよう。「『こうしてほしかった』という話をしだした瞬間から心のモードは、“怒り”から“要求”に切り替わる」(阿妻氏)からだ。この質問はケンカ状態を第1段階へ戻す機能も持っている。

 一方でケンカどころか、常に尻に敷かれている男性はどうしたらいいのか。

 男女は互いに過不足する性質を補う異性と惹かれ合う傾向があり、前出の交流分析の理論では「共生関係」といわれる。

 上図をご覧いただきたい。例えば気弱でコンプレックスの多い自己否定型の男性は、性格のキツイ他者否定型の女性とカップルになりやすい。成人同士の長期間の共生関係は、依存や支配へ発展する好ましくない状態とされる。

 この場合、男性は肯定的な感情を持つ必要がある。自己否定的な自我状態から脱するのが共生関係を解消する第一歩だ。

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎
この記事を読んだ方におすすめの記事
結婚相手にどちらを選ぶ?好きな人、一緒にいて楽な人。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
心理入門 効果絶大!  ~人の心を動かす技法~

週刊ダイヤモンド

トップ営業マンは心理学を知らなくても優秀なのだから、営業に心理の知識など必要ない──。本当にそうだろうか? 優秀なビジネスマンを観察すると、本人は意識せずとも「心理テクニック」に当てはまる会話や行動がめじろ押しだ。心理の基本を学べば彼...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

grassrainbow 【第24回】性格のキツイ女性と気弱な男性のカンケイ| 例えば気弱でコンプレックスの多い自己否定型の男性は、性格のキツイ他者否定型の女性とカップルになりやすい。 4年以上前 replyretweetfavorite

nordstarkbogen 【第24回】性格のキツイ女性と気弱な男性のカンケイ| 自分も他者も否定してしまう俺に共生の可能性など余裕でないということで、すっきり☆ 4年以上前 replyretweetfavorite

itsumichi_ 【第24回】性格のキツイ女性と気弱な男性のカンケイ| これ面白い! 5年弱前 replyretweetfavorite