男女間のメッセージの裏 & 越えてはいけない一線 !!

身近過ぎて家族の心を察したり慮ったりすることを疎かにしていないだろうか。ここでは、知っておきたい心理学的側面からのコミュニケーション術を紹介する。(前編)

 「夫婦円満のために夫はもっと共感力を磨くべき」と指摘するのは、恋愛セラピストの阿妻靖史氏だ。

 阿妻氏によれば妻の一番の不満は「話を聞いてくれない」である。「俺は聞いている」という夫の反論が聞こえてきそうだが、「多くの男性は“表のメッセージ”しか聞いていない」と阿妻氏は警告する。

 上図をご覧いただきたい。夫婦間でありがちな会話の例だが、妻の「最近、帰宅が遅いのね」という言葉の裏に潜んでいる、“助けて”というメッセージを読み取る必要がある。しかし、「大半の男性は“裏読み”を面倒がったり恥ずかしがったり、あるいは鈍感だったりして、言葉の裏をくんだやりとりができない」(阿妻氏)。それがコミュニケーション不足による関係悪化へつながっている。自我状態を親、子供、大人(おとな)に分類した心理学の「交流分析」から見ると、妻の表のメッセージが理論先行型である「大人」の状態からのアプローチ。それに対し、裏のメッセージは甘えたい願望など「子供」の状態から発せられているもので、優しい「親」の状態で受け止めてほしいという要求が込められている。

 とはいえ、気のきいた返答はなかなか難しい。まず必要なのは相手の気持ちを受け止める、つまり共感することだ。阿妻氏は「まずは『頑張ってるね』と声をかけてあげよう」と促す。1文字違いだが、「頑張ってね」では共感したことにならないので要注意だ。

ケンカ突入の法則は
「批判→防衛→見下し」

 妻の気持ちを受け止めずに反論するのはご法度だ。

 夫婦関係を研究した米国の心理学者ジョン・ゴッドマンによれば、多くの夫婦ゲンカは「(1)批判→(2)防衛→(3)見下し→(4)決裂」のパターンをたどる(下図参照)。

 例えば、第1段階で妻から「休日はゴルフばかりね」という批判がなされる。第2段階で夫が「仕事の一環だよ」などと防衛する。ありがちなやりとりだが、実はこのやりとりは既に関係決裂パターンに突入した危険な状態だ。その先は第3段階。「あなたは仕事しか取りえがない」「主婦は何もわかっていない」といった「見下し→決裂」が待ち受けている。逆にこのパターンへの突入を阻止すれば、大半の夫婦ゲンカは避けられる。

 では、どのようにすればいいのか。まずは第1段階へ踏み込まないことだ。つまり相手を批判しないこと。具体的には主語が「あなたは」の苦情を言わず、「私は」を主語にした希望を伝えよう。例えば妻は「私は、休日には家族の相手をしてほしい」と言えばいい。

 これに対して相手が批判してきた場合は防衛をしないほうがいい。上図にあるように、相手の要求の妥当性や実現可能性によって対応方法は異なるが、基本は防衛ではなく「受け止める」ことである。


⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

この記事を読んだ方におすすめの記事




つづく



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
心理入門 効果絶大!  ~人の心を動かす技法~

週刊ダイヤモンド

トップ営業マンは心理学を知らなくても優秀なのだから、営業に心理の知識など必要ない──。本当にそうだろうか? 優秀なビジネスマンを観察すると、本人は意識せずとも「心理テクニック」に当てはまる会話や行動がめじろ押しだ。心理の基本を学べば彼...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

grassrainbow 【第23回】 めんどくさいのは、こういう裏の話を先回りして答えるとツンツンするタイプの女 約4年前 replyretweetfavorite

nordstarkbogen 【第23回】 裏を読みつつ最大限のスピードでそれを吹っ切る俺、超える以前の問題だった。 約4年前 replyretweetfavorite

y_kie 夫婦げんかのメ心理メカニズム。おもしろい https://t.co/CPIhctxT48 4年以上前 replyretweetfavorite