時間を取り戻したいなら、情報を減らさないと始まらない

あなたの24時間はどこへ消えるのか――この連載では、仕事もプライベートも関係なく、今しかできないことをやる方法を伝授します。
今回のテーマは、情報を減らすことで見えてくるもの。1月21日発売の『あなたの24時間はどこへ消えるのか』(SBクリエイティブ)からお届けします(毎週月・木曜日更新予定)。

減らさないと、始まらない

ここまでの話を読んで「ちょっと極端なんじゃないか」と抵抗を感じる方もいるかもしれません。そこまでして減らして、本当にその生活は楽しいのか、人とのコミュニケーションを大切にしていないようで、なんだか勝手に聞こえる、という声もあるかもしれません。それでも、あえてわたしは「減らす」ということのメリットを強くすすめます。

なぜなら、現代人は量に麻痺(まひ)しているからです。

自分がどれくらい食べたり、見たり聞いたり、買ったりしたら幸せなのか。どんな人と、どれくらいの頻度でコミュニケーションしたら疲れず、楽しめるのか。現代はあまりの情報量と、巧みな広告手法によってわたしたちの感覚は一杯いっぱいで、ずっとキャパオーバーしているのです。

そして減らすのは難しく、増やすのは簡単です。

仕事をハイハイと二つ返事で受けると喜ばれるし、美味しいものを食べてゴロゴロするのは至福です。大好きな漫画をネットで全巻買いしたり、可愛い家具を集めて最高の部屋を作ることだって一瞬です。でも、徹夜して仕事を終わらせるのは自分です。痩せようと思ったらその何倍もの時間と努力がかかります。本は場所を取るし、家具はいざ捨てようと思ったらさらに追加でお金がかかります。

これはベジタリアンになれとか、ミニマリストになれといった話ではなく、あくまでたとえです。でも「減らす」という難しさは、ありとあらゆる領域で同様なことが言えるのではないでしょうか。

そうして生まれた余白は、新しい可能性を呼び込みます。

大なり小なり、人は誰しもやり残したことを抱え、そしてそれを隠して日々の生活を送っています。それは子どもの頃に諦めた夢だったり、海外への憧れだったり、はたまた田舎でのんびりと過ごすことだったりと本当にさまざまですが、頭の片隅では「自分も」「いつか」「やってみたい」と端々で欲望を思い出しては「でも今は忙しいから」とその可能性に蓋をしてきたのではないでしょうか。

しかし余裕がなければ、変わるための時間そのものが足りません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
あなたの24時間はどこへ消えるのか

スワン

「いつか時間ができたらやりたいんだよね」 あなたはこれまでの人生で何度、このセリフを口にしたでしょうか。 でも〝いつか〟なんて保障はされてないし、今やりたいことは「二度とやれないこと」になるかもしれない――。 この連載では...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません