怒っている人は、「ここ一番」の勝負で負ける。

超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』が、ベスト版として書籍化! 新刊『人生が確実に変わる 大愚和尚の答え』の発売を記念して、cakesで全文公開します。考えすぎてしまうあなたの背中を押す、61話+αを配信予定。今回は、第6章「平常心が一番すごい」よりお届けします!

先日、ある二〇代の男性から質問を受けました。

「世の中は理不尽なことだらけです。行列に横入りする老人に、上司のパワハラ、犯罪のような大きな問題もあります。大愚和尚はそういう悪にも腹を立てず、戦いもしないんですか?」

この質問の中には二つの重要な問いがあります。 一つは、私も怒りを覚えるかどうかという問い。 もう一つは、私が戦うかどうかという問いです。

最初の怒りについての質問には、私は「怒らないようにしています」と答えます。なぜなら怒りは無駄であるばかりか、邪魔な感情だからです。

仏教における三毒「貪(とん)・瞋(じん)・痴(ち)」は、この順番で心に現れます。 すなわち「欲しい」という貪欲がまず起こり、それが得られないと怒りが生まれます。得られなかったら、奪われたらどうしよう?」という恐怖と不安もまた、怒りとして現れる。

その結果起こる感情が痴、愚かさや迷いです。 怒ってもどうにもならない。なのに、怒ってしまう。それが人間の弱さです。

ネットを見ていると「もっと怒って声を上げろ! 立ち上がれ! 権力と戦え!」という元気の良い言葉が並んでいますが、そういう人はたぶん、本当に手強い相手と戦った経験がないんでしょう。

私は空手を通じて「戦いに勝つには冷静でなければならない」と学びました。実力が拮抗しているのに試合で負けてしまうときは、イライラしていたり、勝ちたい欲が強すぎて、冷静さと集中力を失っているのです。 怒るとアドレナリンが出て、筋肉に血流が集中し、脳の働きが低下します。

取っ組み合いのケンカをするならいいのですが、戦略を立てて相手を論破するという二一世紀における戦いでは、判断力の低下につながって不利になります。

怒りは求めるものを遠ざけます。そして自分を害し、人をも傷つけてしまう。怒っても、一つもいいことがないのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「悩み」の出口は、目の前にある。

この連載について

初回を読む
人生が確実に変わる「大愚和尚の答え」

大愚元勝

「生きるのがラクになった」「悩みがなくなった」と大評判! いま最も視聴されている超人気YouTube人生相談『大愚和尚の一問一答』のうち、最も人生を変えうる動画をセレクトして書籍化しました。「考えすぎてしまい、行動できない…」「同じ失...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gymrit 胸に刻みたい。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

manabitod 怒っている人は、 「ここ一番」の勝負で負ける 知恵を求めなさい。 怒りは不要。 全くその通り😊 心は熱く🔥頭は冷静に🧊 午後からも頑張りましょう♪ やるぞー😤 おう✊ #ブログ初心者 #ブログ書け #ブログ仲間 #副業 https://t.co/X6zbgHhUgn 7ヶ月前 replyretweetfavorite