義理チョコって ”おゆうぎ会” みたい

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。バレンタインデーが間近に迫った今回のテーマは、”義理チョコ”です。きのコさんが会社員時代に味わった苦いチョコの思い出とは……?


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。
もうすぐバレンタインデー。ということで今回は、私がバレンタインについて思うところを綴ってみようと思います。

じつは私、バレンタインデーがそんなに好きじゃありません。 バレンタイン…というか、正直、義理チョコが嫌いなのです。

本当に、みんなに配らないとダメ?

私はサラリーマンですが、入社時は営業職でした。最初に配属された営業部は、数十人の男性営業に対して女性営業は私を含め2人だけ。いくつかある営業部の中でも、もっとも ”体育会系” といわれる部門でした。

うちの会社にはいわゆるメンター制度があって、新人時代の私には1期上の先輩がついて仕事を教えてくれていました。入社後初めてのバレンタインデーが近づいてきて、私は、いつもお世話になっている先輩にチョコを贈ろう! と思いたちました。

ところが当日。「先輩、いつもありがとうございます!」とチョコを差し出した私に、先輩は強い調子で「お前、こういうのは俺だけじゃなくて、他の先輩や上司みんなに配らないとダメだろ! 気を遣えよ!」と言ったのです。

なんで? 誰にチョコを渡すか、なんで自分の好きに決めちゃいけないの?

思いもよらない言葉にカッとなった私は、すぐさまデパートに飛び込んでゴディバの一番大きくて高い箱を3つ買い、職場の皆に(男女の区別なく)配って回りました。先輩には「何も全員にゴディバ配らなくても…」と呆れられましたが、とにかく私はバレンタインについて”こうするべき”を押し付けられたことに頭に来ていて、「配ればいいんでしょ、配れば!」というテンションだったのです。

「男性社員全員にチョコをプレゼントする習慣なの」

また、異動で別の営業部になった時には、バレンタインデーの数日前に女性の先輩が私のところへやって来ました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pep_shi 確かに… 「ねばならない」「義務」「空気を読んで」とか、改めて考えるとしんどいな💦 4ヶ月前 replyretweetfavorite

AKAK そうそう「義理チョコを”義務チョコ”にする文化」めんどくさいね...今いる部署はそういう文化がないのでほっとしている。 https://t.co/ORVtNgB3ag 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kurimatu044 押し付けられる価値観はしんどいのだ!へけっ!ていうハム太郎になる。自分の価値観を育てるのもまた経験と感情よなぁ。人類総当りって感じ 4ヶ月前 replyretweetfavorite

setuka_0616 わかりみふかすぎ。 自分たちが好きでやってるめんどくさい慣習に付き合わせようとするなと。 4ヶ月前 replyretweetfavorite