日曜日のバレンタインデーに気になる人を誘う小さな提案術

一流レストランでサービスマンとして働いていた黒ワインさんが、サービスの技術を恋愛のコミュニケーションに活かす方法を教える連載。今年のバレンタインデーは日曜日です。職場や学校に気になる相手がいる場合、「ついで」にチョコレートを渡すことができない人も多いのでは? 日曜日に彼を誘うとき、うまくいきやすい約束の仕方をご紹介します。

この原稿がアップされる3日後がバレンタインデーです。バレンタインデーって、気にはなってるけれどまだ踏み込めてない相手に想いを届けるいい機会だと思うんですよ。

うまくいけば「本命」であることが伝わるし、最悪うまくいかなくても「義理でした」という逃げ道がある。

だから恋をしている人にはぜひ活用してほしいイベントのひとつなのですが、今年のバレンタインデーは日曜日なんですよね。チョコレートを気になるあの人に渡そうと思ったら、会う予定をとりつけなければいけないわけです。

もちろん金曜日の夜に渡す方法もありますけど、やっぱり2月14日のその日を大切にしたい気持ち、ありますよね。

さらには、このコロナのご時世、どこかで会いたいと伝えるのって勇気がいると思うんですよ。普段より断られるリスクが高いわけです。

そんな断られることへの不安が解消されるように、今回はどんな風に会う約束をするとうまくいきやすいのか、その一つの例をお話ししたいと思います。

ワインをボトルではなくグラスから勧める理由

僕はとあるレストランで、ワインの仕入れを担当していました。長くその店で働いて、いろいろなお客様の好みが分かってくると、「あの方はきっとこのワインを気に入るだろうな」と考えながら仕入れを決めるときがあるんですね。

そしてお客様がいらっしゃったときには、その方をイメージして仕入れたワインを提案するわけですけれど、召し上がるかどうかは僕にはわからないわけです。「今日はあんまり飲めなくて……」というケースもあるでしょうし、単にその日の予算に合わない場合もあるかもしれません。

お客様に気を遣わせたくはないので、提案には細心の注意を払います。たとえばこんなふうに話を切り出していきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サービスが愛だと言うのなら

黒ワイン

かつて一流レストランでサービスマンとして働いていた、noteでも人気のクリエイター・黒ワインさん。cakesの連載では、サービスの仕事で培った「目の前のお客様を幸せにする」ためのスキルを、恋愛のコミュニケーションに活かす方法をお教えします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

winenglish5 今年は日曜日がバレンタインデーなんですね! 願わくば、昼間っからワイン飲みたいですね!!! https://t.co/em1qTj0DAA 18日前 replyretweetfavorite

gibbous_leo ▶️ 私もグラスでもいいといわれると嬉しい😊 お気遣いに感謝しちゃいますよね。 小粋ですわー🧡 19日前 replyretweetfavorite

positive4nking |黒ワイン @vino_cavolfiore |サービスが愛だと言うのなら https://t.co/UxQh7tEZTK 20日前 replyretweetfavorite