深夜薬局

仕事がなくなっちゃった」と相談に来た性風俗店に勤める女性

新宿・歌舞伎町に夜間だけ営業している「ニュクス薬局」。人には言えない、相談もできない。そんな、いろいろな事情を抱えたひとびとが訪れています。ここへ何かを求めてやって来る人々と、薬剤師の中沢さんとの10の物語について。今回はその第4弾。ライターの福田智弘さんがくわしくお話しを伺いました。2月18日発売の『深夜薬局』より特別公開します。

AV出演を相談する性風俗店の女性

基本的に中沢さんは「聴き役」だ。アドバイスを求められれば、適切なひと言を語るが、そうでなければ、自分からなにかを忠告したり、ましてやお説教のようなことを言ったりはしない。
あくまで基本的には……である。

2020年4月、新型コロナウイルスの流行にともなって東京都が緊急事態宣言を出したとき、歌舞伎町の性風俗店ではたらいていた若い女性がニュクス薬局にやって来た。

「お店も自粛をはじめて、仕事がなくなっちゃったんだよね」

全国的に「自粛」が叫ばれ、夜の街から人通りがなくなったあのとき。ましてや、「濃厚接触」をともなう性風俗店の仕事がめっきり減るのは、想像に難くない。
そこで彼女は、新しい道に進もうかと、相談を持ち掛けた。

「AVに行こうかな」

基本的に中沢さんは、自分からアドバイスや意見を言うことはしない。しかしそのときは、はっきりと自分の思いを伝えたという。
「いまは仕事がなくて大変なのはわかる。
けど、AVとして形に残ってしまうのはあまりよろしくないと思うよ」

職業に貴賤はない。それでも、偏見はある。世の中から偏見をなくしていくことはもちろん我々みんなが努めなければならないことだけれど、中沢さんが言っているのは「現実」の話で、起こる可能性の高い「近い将来」の話だ。
もちろんそういった仕事に理解のある男性もいる。けれど、理解のないひとがいるのも現実だ。

「選ばれる側になっちゃうんだよ」
と中沢さんは言った。

こちらから好きなひとを選ぶことができなくなる。現実問題として、理解のある男性のほうが圧倒的少数だ。好きなひとと一緒になるときにも、いい相手を探すぞ、というときにも不利になる。

「気がのらないんだったらやめておいたほうがいいと思うよ」

珍しく、意見を言った中沢さん。
「そこはね、もう、後悔しているひとを山ほど見てきたので

後悔する気持ちは、きっと「怯え」にあるのだろう。AVから足を洗っても、いつ見つけられてしまうかわからない恐怖。いまは1回ネットにアップされてしまえば、永遠に「残って」しまう。夫や子ども、同僚や友人に、見つかってしまったら……そうビクビクして過ごすのは、つらすぎる。

「AVの撮影だと聞かされずに勝手に撮られ、海外のサーバに上げられてしまった子もいました。その子は泣き寝入りせずに戦おうとしたんです。ウチに置いてある、そういった被害者に寄り添うNPOのチラシを見て。
でも、海外のサイトは、日本の法律では裁けなかった。結局、いまもインターネット上のどこかに、その動画は残っているはずです」

後悔したり涙を流したりしているお客さんをたくさん見てきたからこそ、目の前のひとがそういう未来を生きることがないように、はっきりとアドバイスしたのだろう

ただ、アドバイスをもらったひとは、みんな、それに従うのだろうか?
「いやあ、そうでもないです。その子も『やっぱりお金がないから』ってAVの事務所に連絡してみたらしいです。ただ、AV業界も撮影は自粛していて仕事がないって言われたそうで。ほかにも、まあ……みんな最後はやりたいようにやりますね(笑)」

中沢さんはそう言ってから付け加えた。
「べつにいいんですよ、それは。なにか助言したからってそれに従わなければいけないという義理はないんですから」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ドキュメント72時間」(NHK)などメディアで話題の薬局、ついに書籍化!

この連載について

初回を読む
深夜薬局

福田智弘

新宿・歌舞伎町。このネオン街の一角に、小さな薬局があります。「ニュクス薬局」。営業時間は夜8時から翌朝9時まで。薬剤師はたった一人。訪れるのは、親からの虐待を告白する多重人格の女性やコロナ禍で生活苦を訴える風俗嬢、「眠れない」とあせる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません